ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/920-3bd399b0
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『女と男のヌード特集』(芸術新潮) : 日曜画家は何故ヌード・デッサンをするのか

何故日曜画家はヌード・デッサンの教室に通うのだろう。彼等はヌード画を描くことはめったにない。描くのはたいてい静物画や風景画だ。それでも、彼等はヌード教室に通う。まさか裸が見たいからではあるまい。ヌードデッサンをやれば絵が上達すると思っているからだ。それで、絵は上達しただろうか。

プロだって似たようなものだ。彼等は予備校で主に石膏デッサンで正確な線を学び、入学するとヌード・デッサンをする。もちろん昔のように正確さばかり要求されるわけではないが、それでも、自分の線を見つけられる美大生は、今の漫画世代には少ない。正確な線が引ける美大生の中で魅力的な線が描ける者は日曜画家とそれほど数はかわらないだろう。

正確な線は学べても、魅力的な線は学べない。正確な線は手の問題だが、魅力的な線は目の問題だ。中にはモデルの容姿体型を気にする生徒もいるが、ニョウボはそんなことは気にしない。太っていても胸がぺっちゃんこでも、魅力的な線が見えてくるモデルとそうではないモデルがいる。男性モデルも女性モデルも区別はない。イケメンを好んで描く木村了子のような画家もいるけれど、魅力的な線が見えれば、顔は後から適当に描けばいいと思っている。

デッサンの線は学べるものではないらしい。私がデッサンの入門書を買ってきて、鉛筆を立てて片目をつぶるとか、デッサン・スケールを使うとか、あるいは顔や身体の比例の線を予め描いておくとかしていると、ニョウボは「そんなことをしたら線が見えなくなるじゃない」と馬鹿にする。下のエッチングは私(安積)がモデルを務めたものだが、ニョウボは最初から自分の線を持っていた。(傑作だという意味ではない)



           仮題《鉄人28号》



これを見たとき私はギョッとした。マンテーニャの《死せるイエス》を思い出したからだ。しかし、ニョウボはマンテーニャは知らないという。それで、我々の間ではこのエッチングを《鉄人28号》と便宜的に呼んでいる。私が右足が短いのはオカシイと言うと、実際そう見えたんだから仕方ないという。でも、ひとが見たら、デッサンの間違いだと思うだろうと言っても、ニョウボは「これが見たままの私の夫です」と言って譲らない。確かに私は「片ちんば」なのだけれど。

デッサン教室に通い始めのころ、先生にコップのデッサンを描いてこいと宿題を出された。家で描いて持って行くと、それを見た先生は「コンパスで描いたのか」と多少非難がましくいった。確かにこれは円形のコップだが、斜め上から見ているのだから楕円形に描いてある。楕円形はコンパスでは描けない。

これは、私がつねづねいっている「絵画は知覚に基づいた想像である」ということだ。知覚しているのは図像客体(楕円形)で、その類似に基づいて想像しているのが図像主題(円形)なのだ。先生の名誉のために言っておくと、楕円形が正確な円に見えたのは、絵が分からないからではなく、むしろデッサンを見る目が確かな証拠なのだ。いつだったか、私がお皿を描いていたら、ニョウボがイライラして、「それじゃ、円いお皿に見えないじゃない、ただ楕円を描けば良いというもんじゃないのよ、手前の円弧と向こうの円弧は線が違うんだから」と言って私のデッサンを直し始めたことがある。まだ、ニョウボがデッサンを始める前だ。

自分の線が描けないと公言している現代美術家に会田誠がいる(た?)。彼についてはブログでいろいろ書いたので付け加えることはあまりない。しかし、よく見れば会田は魅力的な線をもっている。《大山椒魚》にしても《犬》シリーズにしてもエロティックな線である。ただ、それは描写の線であり、「美少女画」という日本画のジャンルでは生きているけれど、それが表層的な官能性である限り、たとえアブジェクトなものが付け加わったとしても、いや、そうであれば尚更のこと、竹久夢二や東郷青児の線とおなじように、好き嫌いの趣味の餌食になる。

会田の線が面白くないのは、手のせいではなく、目のせいだ。見る目がないのだ。彼には《巨大フジ隊員とキングキドラ》という北斎の《蛸と海女》のパロディ作品がある。確かに正確に三次元の対象を再現するテクニックは優れている。しかし、それはすでに書いたように大理石像の《ラオコーン》のように退屈である。そればかりではない。パロディを描いたぐらいだから、会田は北斎の春画漫画を見たはずだし、戯れに画狂(fou de dessin)と称していたけれど、北斎のデッサンに特別興味を示したフシはない。

会田は《灰色の山》のサラリーマンを写真に撮って、それを見ながら下絵を描く。写真で見るということは単眼で見るということだ。片目で見ることで、三次元の立体を平面化して知覚する。その平面の知覚をキャンバスの平面に写す。しかし、デッサンはそうではない。両眼で三次元のモデルを知覚して、二次元のモデルの線を想像する。想像すると言っても、勝手に想像するのではない。三次元のモデルの知覚に基づいて想像した(見えてきた)二次元の線を、紙の上の知覚できる二次元の線に写すのだ。片目をつぶって鉛筆を立てたら線が見えなくなるとニョウボが言ったのはこの二次元の想像の線が見えなくなることだ。反対にデッサンを見るということは、二次元の線の知覚に基づいて三次元の線(事物)を想像する(見る)ことである。

会田は18歳のときに自分の線が描けないと自覚したという。それなら見る目が皆無だったわけではない。だからこそいろいろ悩みもしたのだろうが、結局のところは酒とエロとコンセプチャルでごまかすほかなかったのだ。思想/コンセプトの問題は会田誠一人の問題ではなく、現代美術の宿痾のようなものであり、ひきつづき会田誠に託けて現代美術を考えていきたい。

2014.08.20[Wed] Post 02:26  CO:0  TB:0  ヌード・デッサン  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

『女と男のヌード特集』(芸術新潮) : 日曜画家は何故ヌード・デッサンをするのか のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/920-3bd399b0
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。