ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

ジャッドじゃなくてジャスパー
2014.05.29[Thu]  投稿者:-  編集  Top▲

Re: タイトルなし

> ジャッドじゃなくてジャスパー
確かに、ジョーンズでした。ありがとうございます。
2014.05.29[Thu]  投稿者: 安積 桂  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/905-30fbbb17
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

原田郁と今井俊介の空間

空間のイリュージョンについて 、グリーンバーグが『モダニズムの絵画』の中で次のように述べている。

古大家たちは、人がその中へと歩いて入っていく自分を想像し得るような空間のイリュージョンを作り出したが、一方モダニストが作り出しイリュージョンは、人がその中を覗き見ることしかできない、つまり、眼によってのみ通過することができるような空間のイリュージョンなのである。(『グリーンバーグ批評選集』勁草書房)


ここで論じられている「空間のイリュージョン」というのは、もちろん絵画の物理的平面を知覚し、そこに描かれている絵柄(図像客観)に基づいて想像する空間のことだ。人は絵画の表面を知覚することにより、その平面に穿たれた空間を見る(想像する)。もし絵画が平面でなければ、事物の知覚が優勢になり、想像は抑圧される。彫刻がイリュージョンを持ちにくいのはそのためだ。

下にリンクした今井俊介と原田郁の作品を展示したギャラリーを写した写真を見て欲しい。

www.cinra.net/interview/201402-imaishunsuke  (今井俊介)

pds.exblog.jp/pds/1/201106/24/15/b0218915_23125346.jpg  (原田郁)

今井俊介の写真は絵画のイリュージョン空間と三脚の空間は分離さている。ギャラリーの空間は歩き回れるが、絵画のイリュージョン空間は眼によってのみ通過することができるような空間だ。物理的絵画(キャンバス)は三脚と同じ空間に属している。ジャッドジョーンズの国旗は平面の上に平面的に描かれている。今井俊介のストライプの旗は ストライプが曲がっているので、立体的に見える。ストライプを紙に印刷して、それを手で歪ませて写生したという。三脚に掛けたストライプの布には陰影があるけれど、写生した旗には陰影がない。絵画表面は知覚できるのか、それとも旗の三次元曲面は錯視なのか。オプアートのチラつきはほとんどない。

原田郁の写真は、絵画のイリュージョン空間とギャラリーのリアル空間は連続している。写真ではなく、現実のギャラリー空間に立てば、もちろん絵画のイリュージョン空間とギャラリーのリアル空間は不連続になる。連続しているような錯覚が生じることもあるだろうが、それはすぐに錯誤であると気づく。原田はコンピューターの中に3Dの世界を作り、その中に入って見える風景を描く。その描いた絵を架空のギャラリーに展示し、それを再び絵に描く。絵の中のギャラリーと現実のギャラリーのパースペクティブがつながって、それを写真(ピクチャー)に撮れば、リアルのギャラリーもまた絵画(ピクチャー)になる。これは「絵の中の絵」というだまし絵の技法で、理論的には無限に続けることができる。

以上のことは、その背後にグリーンバーグから始まったモダニズムの「空間のイリュージョン」の問題がある。絵画が平面であるゆえに現れる空間のイリュージョンの問題だ。そしてその反対の現象として絵画の物理的表面の「知覚」の問題がある。この「想像(イリュージョン)」と「知覚(事物)」を結びつけているのは、我々が絵画を見ること、すなわち「図像意識」が「知覚に基づいた想像」であるということの意味だ。

我々が基本的に《オブジェ》を認めないのは《事物》は知覚意識の対象であり、その「知覚に基づいた図像意識」が働かないからだ。

次回は今井俊介や原田郁の作品では顕在化しなかった絵画における《事物性》の問題を野田裕示と小林正人の作品を例に考えてみたい。

スレッド:art・芸術・美術 / ジャンル:学問・文化・芸術

2014.05.29[Thu] Post 01:32  CO:2  TB:0  原田郁  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

ジャッドじゃなくてジャスパー
2014.05.29[Thu]  投稿者:-  編集  Top▲

Re: タイトルなし

> ジャッドじゃなくてジャスパー
確かに、ジョーンズでした。ありがとうございます。
2014.05.29[Thu]  投稿者: 安積 桂  編集  Top▲

TRACKBACK

原田郁と今井俊介の空間 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/905-30fbbb17
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。