ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/892-7a1582d5
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ピカソの余白と佐藤順子の余白 (『上野の森美術館大賞展』を楽しむために)

ピカソの踊り子のドローイングを見ていたら、章の表題が《Camera and Classicist 1916-1924》となっていた。カメラとは何ごとかと検索したら、ピカソにも写真をもとに絵を描いていて、どうしても背景がかけなくなって、ちょっと描きかけたけれど、あとはキャンバス地のまま塗り残した作品《Olga in an Armchair:1917年》があることを偶然知った。 (注3)

どうしても背景が描けなくなったところはピカソの《Olga in an Armchair》と佐藤順子の《昭和35年度都立西高等学校入学 1年D組》は同じだけれど、その理由は《Olga》と《1年D組》ではまったく異なる。佐藤順子の余白は、前回述べたように、白いキャンバスが絵具を載せる台であり、載せて余ったところが余白になっている。〈絵具〉と〈色〉と〈形〉が解放され、観者の視線は自由になる。

それに対してピカソの余白は肖像画の無地の背景だ。まず、写真と絵を比べて見よう。

 

絵と写真を見比べれば、すぐにピカソが「表情表現」の古典的画家だということがわかる。写真のオルガはどちらかと言えばイカツイ雰囲気だけれど、絵の方は美人で髪には艶があり、肌は白く滑らかで、ワンピースの襟ぐりが左の胸のふくらみが見えるように下げられ、布地は柔らかい襞を作っている。

さらに、濃いブラウンの落ち着いたワンピースとソファーのカラフルな植物模様の華やかさに、モノクロ写真のメリハリのない、平等に正確な描写を対応させることができなかった。ピカソはこの時期キュビスムと古典主義の間で引き裂かれ、苦しんでいた時期であり、また同じ頃熱中していた写真は細密な描写の一方でキュビスムの抽象性も合わせて持っており、ピカソをさらに混乱させた。

キュビスムから抽象画へのモダニズムの歴史はともかくとして、余白の問題に戻れば、《Olga》は「表情表現」の絵画であり、写真では主題のオルガの魅力を引き出すような背景描写が描けなかったのだ。ところが、背景を完成させないで余白のままにしたことでかえって主題の表情表現は魅力的なものになった。(注1)

それに対して佐藤順子の《1年D組》の余白は内容的な「表情表現」のためではなく、形式的な「絵画表現」のためだ。マチスの「パターン表現」やステラの「素材表現」など、「折衷的な絵画表現」(注2)であり、白い台の上の絵具や色や形を解放する余白なのだ。余白によってわれわれの視線はパターンや素材の上を踊るように流れて行く。

ジョーンズのミツロウ入りの絵具のカタマリだけではなく、マチスの薄塗りの白もまた絵具の物質性を目に見えるように顕在化してくれる。




注1:しかし、ピカソはナダールの撮ったポートレイト写真を見なかったはずはない。ナダールはモデルに黒い上っ張りのようなものを着せ、黒い背景の前に座らせて写真を撮った。また、肖像画の背景を無地にするのは、マネ以来、広く見られる技法だった。ところが、ピカソは背景の処理に苦労しているのは確かだ。「青い海と空」や「部屋の隅の遠近法」などいろいろ試している。

注2:柿栖恒昭は「折衷的な」表現を嫌う。佐藤順子の折衷的表現が未熟さなのか、それとも新しい絵画表現の可能性を示しているのかわからない。たぶん前者なのだろう。四枚目の《1年D組》で試してみるつもりだ。

注3:Yossi Nahmi: 『Pablo Picasso > The Camera and the Classicist 1916-1924』

2014.04.19[Sat] Post 00:00  CO:0  TB:0  佐藤順子  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

ピカソの余白と佐藤順子の余白 (『上野の森美術館大賞展』を楽しむために) のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/892-7a1582d5
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。