ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/865-728a4d99
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

《上野パンタロン日記》 : 会田誠の失禁パフォーマンス

会田誠がフェミニストと論争をした。男性器は健全な感じがするけれど、女性器は不健全な感じがするという会田の発言が発端だ。以下、会田の弁解を2ちゃんねるから抜き書きしたものだが、孫引きなので正確かどうかはわからない。

『たとえば、男性器を神輿に担いであがめるのは"健全"な感じがする。しかし女性器を神輿に担いであがめるのは”不健全"な感じがする。』

『自分は性器の判断価値についてなど語っていない。』

『自分は女性を差別する意味で話をしていたのではない。』『誤解されたくない。』

『そちらの”過剰反応”だ。』

『悲しい気持ちになった』『僕は君たちと同じ立場、立ち位置で発言をしている。』

『自分は「○○イスト」の教条的な言語の使用法、思想と断固対決するために芸術家をやっている。』


どうだろう。何かちょっと引っかかるところがある。そもそも会田には議論する気がない。ただ、自分の感じていることを話している。会田が書いたものやYoutubeを見ても、会田はフェミニストのように論争に勝つための議論はしていない。表現は作品にまかせる。無防備なのだ。『悲しい気持ちになった』という表現は確かにこのフェミニストが言うように弁論術ではある。フェミニストに言ってはいけないセリフだろう。

会田は悲しんだ。それは『僕は君たちと同じ立場、立ち位置で発言をしている。』という苦し紛れとしか思えない言葉からも分かる。フェミニストには、「著名な現代美術家」と「素人同然の小娘」が同じ立ち位置であるはずがないと一蹴されてしまう。しかし、それは「誤解」だ。 会田はただ女性の立場で発言していると言っている。会田はゲイではないが、多分に女性化愛好症的なところがある。あるいは、そう演じているのかもしれない。

卒業式の前日に頭をオカッパにして下半身を裸で男根を白い布で巻いて記念写真を撮っている。結婚式では自分もウェディングドレスを着ている。それどころか『青春と変態』では湯山さんや久保さんの替りに自分が藤田くんに抱かれる想像をしながらオナニーをすると書いている。もちろんこういうことは精神分析を知っている会田のことだ、あまり真っ正直に受けとらない方がよいが、《犬》シリーズの四肢の切断はペニスの切断のメタファーだという事は言える。この四肢の切断を女性差別的な性的暴力と受けとる人がいるけれど、四肢を切断された少女を見て性的に興奮するのだろうか。日本人なら、たぶん「可哀想」と「可愛い」の対立する感情に引き裂かれるだろう。

それより自己女性化愛好症で重要なのは中学生まで続いたという寝小便のことだ。会田には《上野パンタロン日記》というビデオ作品がある。上野公園で修学旅行の中学生の団体の前で知的障害者を演じて「失禁」するというものだ。 ここで会田は重要な事を曖昧にしている。夜尿症が治った時期をあるときは中2と言いあるときは中3 と言っていることだ。わざわざ上野公園まで行って(もちろん芸大の隣すぐ側ということもあるが)、修学旅行中の中学生の前で失禁のパフォーマンスをしたのは何故か。中学生で寝小便が問題になるのは、宿泊をともなう修学旅行があるからだ。当然治った時期は正確に憶えているはずだ。

会田は修学旅行については触れていない(と思う)。そのかわりというか、カタログの解説で「今でも失禁がもたらす深い“子宮内的法悦”をよく憶えています。」と言っている。会田はこの子宮の記憶を三島由紀夫の産湯の記憶に重ねているのかもしれないが、寝小便の最中の快感だけではなく目覚めた時の冷たい不快な 感覚を憶えていないはずはない。

寝小便と立小便は対立するもので、寝小便はおちんちんがなくとも出来るけれれど、立小便はおちんちんがなければ遠くに飛ばすことができない男の子のあかしだ。会田にとって寝小便(失禁)がもたらす「子宮内的法悦」とは胎児退行ではなく女性になるということであり、失禁はいわば破水なのだ。

以上はまじめに言っているわけではなく、会田が寝小便を子宮内的法悦と言ったのを真似しているだけなのだが、おそらく会田がそのことで言いたかったのは、おちんちんが必要のない失禁のパフォーマンスによって、自分にはペニスがないことをあらためて確認して、そのことで性的快感を感じるのだろう。それを会田は「子宮内的法悦」と言い、女性器は不健全だと言った理由ではないだろうか。

精神分析というのはほとんどがトートロジーなので、何も言ったことにはならないのだけれど、これで会田がフェミニストに『悲しい気持ちになった』『僕は君たちと同じ立場、立ち位置で発言をしている。』と言った意味が、屁理屈ではあるが少しは理解できるのではないか。

《犬》シリーズの美少女は会田誠の自画像である。


スレッド:art・芸術・美術 / ジャンル:学問・文化・芸術

2013.12.04[Wed] Post 18:23  CO:0  TB:0  -会田誠  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

《上野パンタロン日記》 : 会田誠の失禁パフォーマンス のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/865-728a4d99
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。