ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/857-7a147d77
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

会田誠のドローイングと抽象画

高橋コレクションに会田誠のヌード・ドローイング《美人画》()が所蔵されている。美少女のヌードとは随分と違う線だ。

会田は「(アーチストが描くいかにもアーチストぶったドローイングやエスキースの鼻持ちならないこと!さらにそれをありがたがるコレクターや学芸員の目の節穴っぷりときたら!)。そしてそれをいつか逆転させてやると、虎視眈々と機会を窺っていた。」とカタログの解説で書いている。

このヌード・ドローングは非写実的で自由闊達かつ省略された奔放な線だけれど、まさかアーティストぶっているわけではないだろう。それにしてもわざわざ《美人画》という題を付けたのはどういう訳だ。ヌードの美人画なんてあるのだろうか。それとも、いつものように会田のアイロニーなのか。 どちらにしろ、このヌードの線は《犬》シリーズの美少女ヌードとも、《わだばバルチュスになる》のヘタウマのヌードとも違う。美学では線は理知的で色は情緒的といわれるけれど、線にだって写実的な線もあるし、表現的な線もある。この《美人画》は会田好みの美少女ではなく、胸が大きくて柔らかそうで、腰が「く」の字にクビレて成熟した豊満な女に描かれている。

もちろん会田は写実的な線を描くのは得意だから、ルノアールのような豊満な女性ならいつでも描けるだろう。そうしないのはそうしたくないからだ。しかし、必要な線が省略されたり、余計な線が描き加えられているのはどんな効果を狙っているのだろう。何の効果もない、わざとらしくデフォルメをしたドローイングに見えなくもない。そうであれば、それこそ「アーティストぶったドローイング」と言えないか。

それよりも「アーティストぶる」という言葉で会田は何を言いたかったのだろう。モダニズムそのものを否定したかったのではないか。フランスのアカデミーの修行はエッチングの線を模写することから始まる。線で対象を正確に再現する練習だ。色は使わせてもらえない。これに徹底的に反抗したのがフォーヴの旗頭マチスだった。怪物と言われたドローイング、ダンス、切り絵のブルー・ヌード、ジャズなどマチスのヌードの線は一生続いた戦いだった。ケネス・クラークが『ザ・ヌード』で論じた美や官能性などはマチスのヌードには次第に無くなっていった。しかし、デフォルメされているからといって、マチスのヌードはアーティストぶっているわけではない。マチスのヌードはモダニズムの冒険であり、平面性と空間の探究なのだ。

それに対して、会田は自家製ポルノを描くことで写実的な線を描く技術を身につけたと告白している。そして十八歳のとき写実的な線は引けても魅力のある線は引けないと自分から悟ったという。そのためかどうかわからないが、会田はヘタウマの漫画は描いたけれど、マチスのようなデフォルメされたヌードを描いたことはおそらくない、そう思っていたのだが、高橋コレクションにデフォルメしたヌード・ドローイングがあったのだ。美少女の写実的な線でもないし、駄作系のヘタウマの線でもない。かと言って平面性を探求したマチスの線でもない。

会田は成熟した女には興味がなかったはずだ。推測するに十八歳のときに諦めた魅力ある自分の線を描いてみようと思い立ったのかもしれない。それで、尻や胸が大きい方が魅力的な線が描きやすいと思ったのかどうかはしらないが、美少女ではなく成熟した女性ヌードを描いた。《美人画》には日付がないので判らないが、抽象画に挑戦した時期と前後するのではないか。両方共ある意味では「モダニズムへの回帰」と言えなくはない。

森美術館の個展では《1+1=2》の他にも抽象画らしい作品がパフォーマンスと組み合わせて展示されていた。抽象画が掲載されたカタログの『CHAPTER8』は《会田哲学と禅問答》のタイトルがつけられている。抽象画だから抽象的な哲学や禅問答というのだろう、ダジャレみたいだが、《1+1=2》も《美人画》も「モダニズム」云々というよりも、シュミレーションやパロディに見えてしまう。

アーチストぶったドローイングが嫌いだといい、グリーンバーグのモダニズムを批判した会田が《1+1=2》や《美人画》を描いた真意は分かりづらい。ドローイングは《美人画》を写真で一枚見ただけなのでなんとも言えないが、抽象画の方は岡崎乾二郎の抽象画をパロって以来、『美術手帖』の座談会や森美術館の個展など、真剣に取り組んでいるように見える。この前も会田が抽象画に取り組んでいる写真を誰だかツィッターにUPしていた。もし真正の写真なら1月にあるという個展に展観されるだろう。楽しみだ。

いずれにしろ、時代に逆行するような抽象表現主義風の作品を描いても仕方ないような気もするけれど、天才会田誠のことだから何かアイディアがあるのかもしれない。それより近頃の会田誠は酒ばかり飲んで絵を描いていないのではないか。そっちの方が心配だ。


2013.11.14[Thu] Post 16:27  CO:0  TB:0  -会田誠  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

会田誠のドローイングと抽象画 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/857-7a147d77
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。