ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/851-eab9636b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

安野光雅の『神話の原風景』と会田誠の《大山椒魚》

産経はいつまで安野光雅の絵日記の連載を続けるつもりだろう。奈良京都洛中洛外そしていま神話の原風景を連載している。だんだん絵が下手になっていく、と言うより手馴れていくと言ったほうが良いのか、あるいは、緊張感がなくなっている。《高千穂峰》も《明日香村》も観光地の絵はがきだ。

もともと水彩画の定番は、鉛筆で線描して、その上から絵具を滲ませたり、塗り残したり、はみ出したりして描くものだろう。文学者の手すさびの絵なんて大抵はそういうものだ。安野光雅はもともとは童話の挿絵とかイラストを細かく丁寧に描く画家だった。子供に絵本を買ってやったこともある。それが知らぬ間に大家になって、「売り絵」風の絵を描いて、文化功労者として年金350万円を受け取り、『御所の花』の原画展を天皇皇后両陛下がご覧になって、「神話の原風景」を産経の一面に連載している。

何もわたしは安野光雅の栄達にケチをつけようというのではない。そうではなく、ただ、この絵を見て、会田誠はどう感じるか知りたいと思う。これまでも、平山郁夫の日中友好、道徳的スローガンの小中学生の《ポスター》、岡崎乾二郎のウンコ抽象画、哲学の文庫本に描いたイタズラ書き、習字のお手本の拡大版などで絵画批判をしてきた。それなら安野光雅の水彩画もまた批判したくならないだろうか。

文化功労者とは日本文化の向上発達に関し特に功績顕著な者の意味だという。安野光雅が日本の文化の向上に寄与したとは思えない。もし、日本文化に貢献した画家を挙げろといわれれば、それは村上隆でも、山口晃でも、千住博でも、東山魁夷でもなく会田誠ということになるだろう。

会田は自分の《大山椒魚》を小泉首相がぶら下がりをした官邸の壁に掛けたいと言っていた。会田は日本画の伝統的デザインに対する鋭敏な感覚を持っている。余計な解説をしたため誤解されているけれど、《大山椒魚》は日本画のお題「鯉」の借用で、フランスアカデミーのブクローやカバネルのヌードよりずっと「上品な」作品なのだ。大山椒魚が巨大なのではなく、美少女の方が美味ちゃんと同じ小さな妖精なのだ。

山下裕二が《あぜ道》を似ても似つかぬ東山魁夷の《道》の引用だと言いながら、《大山椒魚》が日本画の「鯉」の引用だということに触れない。構図の類似性ばかりに目がいって、絵を見ていないからだろう。そんなことは会田にはどうでもいいことなのだが、ただ、会田が日本画の構図を借用しているばかりではなく、深く日本の絵画の伝統に結びついていることを理解しなければならない。いっその事、官邸などと言わずに皇居新宮殿に掛けたらどうだろう。大山椒魚は絶滅危惧種の特別天然記念物だから皇居新宮殿に相応しい。

2013.07.30[Tue] Post 20:49  CO:0  TB:0  -会田誠  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

安野光雅の『神話の原風景』と会田誠の《大山椒魚》 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/851-eab9636b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。