ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/840-2b21c938
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

②『会田誠展 天才でごめんなさい』:会田誠の原点はイタズラ書きだ。

朝日新聞(3月1日朝刊)に『アートか「児童ポルノ」か挑発的な美術展』という囲み記事が掲載された。森美術館館長が「日本では少女を題材にした性的表現のマンガがあふれている。会田作品は現実を反映する鏡。社会が見ないふりをしている問題のフタを開け、議論が生まれることに展示の意味がある」と言ったので、芸術派とマンガ派のあいだで論争が起きた。

村上隆の場合はたしかにオタク文化を「パクった(借用)」といえなくはない。ところが会田誠は村上隆とはちがってもともとオタクなのだ。こんなことを言うとオタクに叱られるかもしれないが、会田誠は芸大出の芸術家がサブカルチャーを借用したというより、彼自身の出自がサブカルチャーということだ。森美術館館長が会田誠を批評性を持ったハイ・アートに分類するのはいささか的外れの感がいなめない。

会田誠は漫画家になりたかったと言っている。しかし彼の画家としての出発点は漫画ではない。イタズラ書きだ。漫画はいわばいたずら書きの延長線上にある。だからヘタウマなのだ。会田はいたずら書きに偏執的な愛着をもっている。そしてこの展覧会は画家会田誠の原点が「いたずら書き」であることを展示するための展覧会ともいえる。

「いたずら書き」の行き着くところが「抽象画」だ。というより抽象画の起源の一つがそもそも「いたずら書き」なのだ。そのためかどうか分からないが、会田はカントの『判断力批判』の全ページにいたずら書きをした《判断力批判批判》を描いている。カタログからこの作品についての会田誠の言葉。

《判断力批判批判》は美学の基本的文献といわれるカント『判断力批判』の全ページへらくがきしたもの。僕にとって小学校から高校にかけ「教科書」とは「らくがき帳」にほかならなかった。できるだけ抽象的にと心がけたが、往々にして再現性からは逃れられなかった。(注1)

会田はイタズラガキをしている時がいちばん幸せにちがいない。同じ『芸術と哲学』のシリーズに会田誠が英独仏人に扮して、「大ガラス」にその国らしいいたずら書き(抽象画)をする。ハイデッガーの『存在と時間』を読みながら油絵(抽象画)を描き、それをビデオで記録にとる。もちろん、どれもが抽象画というよりいたずら書きになっている。

イタズラ書きはアクションペインティングだ。会田誠は岡崎乾二郎のように自分のいたずら書きを芸術にも反芸術にもしない。イタズラ書きはあくまでもイタズラ書きである。カントやハイデッガーを持ちだしてもコンセプチャルなところは少しもない。会田誠のイタズラ書きはイタズラ書きのようにつまらない。




注1: 会田誠の抽象画については、『会田誠個展』(ミズマアートギャラリー)の記事で書いた。《1+1=2》はイタズラ書きではない。デ・クーニングの《女》シリーズと同じように「帰する場所なき再現性」を利用した抽象画だ。「数字」は「女」と同じように再現性(representation)を持っている。


2013.03.10[Sun] Post 14:27  CO:0  TB:0  -会田誠  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

②『会田誠展 天才でごめんなさい』:会田誠の原点はイタズラ書きだ。 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/840-2b21c938
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。