ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/839-8b8cdf0d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

①『会田誠展 : 天才でごめんなさい』(森美術館):会田誠は堕落したのか

『会田誠展:天才でごめんなさい』は森美術館が企画立案した会田誠売り出しのイベントだろうから、とやかく言うつもりはない。会田氏は芸術をビシネスにすることをしきりに照れているけれど、「エロ・グロ」も「画壇への反抗」もビジネス上の戦略だったわけだし、それはそれなりに成功して、《あぜ道》が中学の美術の教科書に掲載されるまでになった。しかし、同じ理由でメジャーにもなれない。

このジレンマを逃れるために今回のイベントがある。具体的にどんな戦略なのか仔細はわからないが、会田誠がカイカイキキに近づいているのもその一環だろう。まあ、そんなことは余計なお世話だろうから、以前からなんとなく感じていたことだが、この展覧会ではっきりしたことがある。それは会田誠はじつは絵がわからないのではないかという疑いだ。

会田誠は確かに絵が上手い。展覧会のサブタイトルに「天才でごめんなさい」と言っているのだから、それがギャグになるぐらいには自分の技巧に自信があるのだろう。美少女などはそういう趣味の人たちに、オタクかどうかは知らないが、おそらく人気があるのだろう。しかし、ルノワールのロリータ趣味なら分からないではないけれど、会田の美少女はただの「ションベン臭い田舎娘」にしか見えない。ところが、その化粧っけのない顔が余計に興奮すると愛好家はいう。

これは趣味の問題だからいろいろあっていい。「エロ」ばかりか「グロ」もある。ゴキブリと美少女の正常位や手足を切断されて監禁された「犬」シリーズ、どちらもチラリと見ただけで気分が悪くなる。美少女モノではないが、会田誠にはスカトロジー趣味があるが、それもアブジェクトアートのようなこれ見よがしの醜悪さまではない。

美醜や図像主題の問題はどちらにしろイラストの問題だが、それよりも「美少女」で気になるのは「芸術」の問題だ。芸術といえば大袈裟だが、一言で言えば会田誠は絵が下手なのではないか、あるいは絵が分からないのではないかという疑いだ。

そう思ったのはサポーター特典でプレゼントされる限定エディションの《Jumble of 100 Flowers》()を見たときだ。すぐに国立新美術館で見たピカソの《海辺を走る二人の女(駆けっこ)》()を思い出した。もちろん二人の女が駆けているところが似ているのだが、それより《駆けっこ》と比較して《Jumble》の少女があまりにみすぼらしいということだ。といっても、《駆けっこ》の女はボリュームが有り、《Jumble》の少女が肉付きが悪いということではない。そうではなく平面性だとか漫画だとか少女だからだとか言い逃れができないほど魅力のない線だからだ。
                                                 
《Jumble》のつまらなさはどこからくるのだろう。たぶん会田誠はあまりヌード・デッサンをしたことがないのではないか。彼の描画の線は「漫画の描き方」を勉強したような、どれも同じような線なのだ。《Jumble》の二人は別々に描いた少女をあとから組み合わせたような緊張感のない空間になっているけれど、《駆けっこ》の二人が造る空間は捩れ歪み湾曲して緊張のある空間を生み出している。

会田誠は抽象画が描けないと嘆いていたが、おそらく(ヌード)デッサンも苦手にちがいない。だから会田誠は《ジューサーミキサー》や《灰色の山》のように無数の人間を重ねて描いたり、《滝の絵》やこの《Jumble of 100 Flowers》のように同じような体型の少女をペタペタと貼り付けたようにたくさん描くのだろう。何処と言って取り柄のない類型化された美少女でも大画面にたくさん描けば、それなりに華やかに見える。しかし、その中の二人を取り出して描いた限定エディションを見れば、絵が下手なことは歴然としている。

会田誠は絵が下手である。そのことは会田自身も認めていることなのだが、会田誠が上手い画家として挙げるのはいつも山口晃なのだ。いま日本で自由自在に人物が描けるのは山口晃ぐらいだと言っている。ところが、その山口晃も新聞の挿絵などを見れば魅力的な線が描ける作家ではない。山口晃もまた本当の意味でヌードデッサンをしたことがないのかもしれない。

このことから会田誠は絵が分からないのではないかという疑念が生まれる。次回はそのことを考えてみたい。


つづく

      
2013.02.24[Sun] Post 20:35  CO:0  TB:0  -会田誠  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

①『会田誠展 : 天才でごめんなさい』(森美術館):会田誠は堕落したのか のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/839-8b8cdf0d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。