ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/797-2ec45c39
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ポロックと桑久保徹の「近視と遠視」

前回のポロックの記事で、藤枝晃雄の『現代美術の〈不安〉』から「近視と遠視」のところを引用した。そのことで、桑久保徹のことを思い出した。はじめに、藤枝晃雄の該当箇所をもう一度引用する。

ポロックにおける緊張は、焦点のあるようなないような、遠視と近視の状態の間におけるそれである。
ポロックの絵画は、近視と遠視の間に立って焦点を求め、縮小したり拡張したりする。それはキャンバスという決定的な焦点のなかにはじめから描かれるのではなくて、描かれているものが絵画になるのである。ポロックの作品から芸術表現が失われているのではないが、画面に近づけば、それは不規則な網目でしかないし、遠ざかれば壁になってしまうといわれるのはそのためである。(p27)


それから、「『桑久保徹』②補遺:絵画の解体」の冒頭の部分を引用する。

『桑久保徹』①で気付かなかったことがある。大きな壺の絵に小さな人物が描かれているので、いったい壺が巨大なのか、人物が妖精なのか、視線がまごつくと書いたけれど、これは観者と作品の距離をコントロールするための桑久保の仕掛けたトリックだ。壺は大きく描かれているので観者は離れて見る。すると人物は小さいので良く見えないので、近寄って細部を見ようとする。そうなると、今度は知覚が作動し物質的な絵具が現れて、かわりに絵画的なイリュージョンが後退する。


同じように「近視と遠視」の問題が書かれている。観者と作品の距離が遠近の二つに分離している絵画がある。スーラの点描画、会田誠の《灰色の山》などもそうだといえる。それに対してポロックのポード絵画は遠近が分離しているのではなく、遠近の間のどこに立っても、そこから見える範囲が絵画であると藤枝晃雄は言っているように思える。

明日、ポロック展に行く。そこで作品を見てから考える。『桑久保徹論』の①と②を読んでおいて下さい。


『桑久保徹』①ARTIST FILE 2010(国立新美術館)【http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/blog-entry-688.html
『桑久保徹』②補遺:絵画の解体 【http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/blog-entry-694.html

2011.11.15[Tue] Post 00:02  CO:0  TB:0  -ジャクソン・ポロック  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

ポロックと桑久保徹の「近視と遠視」 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/797-2ec45c39
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。