ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/794-9b834c20
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

島田章三の《課題制作》とマチスの《ニースの大きな室内》:遠近法と三角形

図形と図像の違いについては、これまでにも触れてきた。三角図形や「ハの字」が狭い方に向かって遠ざかる奥行きの感覚と、線路や道路や並木道が遠ざかる遠近感は異なる。前者は図形で、後者は図像だ。もちろん図形を図像に無理矢理見ることは出来るし、どちらにも見える絵を書くこともできる。しかし、それはたいていは不安定なものだ。

さて、次の独立法人国立美術館の検索ページで島田章三の《課題制作》を見て「三角形」や「ハの字」を探してほしい。

所蔵作品総合目録検索システム 島田章三:課題制作(1980年)

三角形はホワイトボードのハの字を含めて全部で6つある。このなかでハッキリと遠近法的奥行きがあるのは、白板のハの字だけで、三角定規をふくめてあとは、平面的な図形になっている。鋭角の方向はバラバラであり、三角形や矩形はキュビスムの絵画言語なのだが、多視点を総合するようなつながりはなく、床や壁に散らばっている。中でも床に描かれた(と思う)赤と黒の1/4の円とホワイトボードの台座の矩形と丸まった紙と三角定規の面がちぐはぐである。ちぐはぐなのは構わないが、肌が灰色の人物の背景としてどんな効果を上げているのかわからない。

マチスの《ニースの大きな室内》にもハの字と三角形がある。フレンチウィンドウの下の羽目板が透視図法のハの字になって、室内空間を女性がいるヴェランダにつなげている。もう一つの大きな三角形は開けたモスリンのカーテンだ。フックに留めたタッセルから天窓まで、カーテンの黒いフチが三角形になっている。この三角形は図形ではなく図像である。具象的事物のカーテンが作っている三角形だからだ。その三角形は床から天井に、窓枠に沿って、上に垂直に伸びている。三角形図形のように、頂点に向かって、遠くに消えていく奥行きのイリュージョンを見ようとしてもなかなか見えない。なぜならそれは天井から吊るされたカーテンだからだ。

もちろんデッサンのちぐはぐはある。しかし、それは、《課題制作》と異なり、豊かな空間を生み出している。カーテンと「開けられたフランス窓、ブラインド、明かり取りの窓、そして壁」の間に空間の「イリュージョンがある。特筆に値することだが、明かり取り窓の花弁がカーテンを透き通して見え、同時に陽の光が当たり、カーテンに花弁の影を作っている。

これ以上付け加えることはない。マチスの《ニースの大きな室内》と島田章三の《課題制作》を見てもらえばいい。

2011.11.09[Wed] Post 22:45  CO:0  TB:0  美術評論  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

島田章三の《課題制作》とマチスの《ニースの大きな室内》:遠近法と三角形 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/794-9b834c20
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。