ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/787-0d5d4288
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 岡田さんへの手紙 ⑦

岡田さんの反論の中に図像主題に関する誤解があるようなので、HPの『写真はインデックス記号か?』を転載しておきます。図像の三層構造が必ずしも明確に分けられるわけではない。図像主題は実在するとは限りません。ケンタウロスの絵はケンタウロスを示しています。まあ、そんなことより、写真について語るなら写真をよく見なければなりません。肖像画と肖像写真の比較、知っている人と知らない人、ゲルハルト・リヒターのピンぼけやブレたフォトリアリズム、一度もあったことない有名人の写真。モノクロとカラー写真のリアリティーの違い。「写真と模写とコンピュータ加工」を繰り替えした作品。森村泰昌の仮装のセルフポートレイト、写真を撮った写真、まだいくらでもある。
 
岡田さんは「あるいは、マンガの図像であるサザエさんは江利チエミや 星野知子、 浅野温子 、観月ありさを模造再現しているとでも言うのでしょうか。」と言っていますが、たしかに「摸造再現」というのは誤解を招くことばです。これはフッサールが考えていた図像が写真や写実主義の絵画だったからです。だから絵画を制作する立場から、「図像客体と図像主題の関係」と「絵画とモデルの関係」を混乱してしまったのだ。このことは、図像記号は類似によって自分以外のものを指示すると、何度か注意を促している。図像客体が図像主題に類似いるのと、図像主題がモデルと類似しているのとは、まったく別の「類似」だ。図像の類似は内在的関係すなわち志向的関係(笑い)で、モデルとの類似は外敵関係である。両者は独立に存在する(外的知覚の対象)もので、例えば、双子が類似しているようなものだ。後者の類似が本来の意味での類似である。サザエさんの例では、江利チエミがサザエさんを模倣している、演じているのだが、必ずしも外見が似ている必要はないし、少なくとも図像記号の関係ではない。これは、演劇のイリュージョンと役者に関する昔からある難問だ。たとえばハムレットとハムレット役者の関係だ。我々はハムレットを見ているのか、それともハムレット役者を見ているのか。それに、サザエさんをラジオドラマにしたらどうなるか、知覚することしかできない絵画の問題で行き詰まっている私には、とても手におえる問題ではない。目で見なければ、見えない絵画について、見ないで論じる人が多いのは、嘆かわしいことだ。

それから空間の問題になると岡田さんは逆上するようだけれど、わたしは、空間についてまとまった考えを述べたことはない。ポロックのときも、ただ首を振ると奥行きのイリュージョンが見えると言っただけなのだが、突然、叱られた。それに対して、わたしは『首振り立体視』というブログで答えた。
2011.10.19[Wed] Post 15:24  CO:0  TB:0  岡田さんへの手紙  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

 岡田さんへの手紙 ⑦ のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/787-0d5d4288
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。