ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/770-bacd4803
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

〔9〕美術評論とはなにか:具象彫刻の像客観(知覚)と像主題(想像)

絵画であろうが、彫刻であろうが、具象的作品では、我々は像客観を見ている(知覚)のか、それとも像主題を見ている(想像)のか、ハッキリと区別することはできない。観者は知覚と想像の間を揺れ動いているけれど、前回言ったように絵画では像主題が強く、彫刻では像客観が強い。

彫刻の例で考えてみよう。木村賢太郎の《七つの餅》は図像客観が図像主題を圧倒している。石の硬さとか餅のように柔らかい線は知覚されている。ロダンの《考える人》は、その大きさと不自然なポーズのため、像客観が観者を圧倒している。もちろんイリュージョンがゼロではないけれど、観者の知覚空間を鋳物の像が占領支配している。

彫刻でイリュージョンが見える例を考えて見よう。彫刻を見ている(知覚して)ときは、観者の空間と作品の空間は連続しているので、彫刻像の大きさは観者の身体が基準になる。だから、《金日成》の銅像は大きく見えるし、鉛の兵隊は小さく見える。もちろん、子どもが鉛の兵隊で夢中に遊んでいるときは、大人の大きさに見えている。

没入しなくても、小さな塑像が実物大に見える例をあげよう。ジャコメッティの《四つの小像》だ。これについては以前、『ロスコとジャコメッティ』で書いたのでそこから引用する。

立体のイリュージョンについては、没頭しなくても像主題が容易に見えるのはジコメッティの『四つの小像』です。あれはほんとうにマッチ棒のように小さい像でしたが、自分の知覚的身体を消去しなくても、ふつうにみれば、そこにミニチュアではなく、等身大の人間が現れます。まさに三層構造なのです。これは、簡単なことです。小像がミニチュアではなく、遠くにいる人物に見えると言うことです。現実の知覚でも、遠くに小さく見える人物はちゃんと等身大に見えるでしょう。これはもちろん遠近法という知覚世界の構造があるからで、像ではなく、通常の知覚です。しかし、ジャコメッティの小像は違います。小像は遠くではなく目の前にあるのです。だから像客観(Bildobjekt)は小さく見えます。そして、像主題は等身大に見えます。

小像のBildsujetが大きく見えるのは、二つの理由があります。一つは、遠方からみたようにボリュームがなく、かつ滲んだように細部が省略されていること、もう一つは、小像は一つではなく、四つ並べているということです。これで、お互いどうしが大きさの尺度(人間は万物の尺度です)になって、等身大の人間(像主題)があらわれるのです。


基本的には、図像の三層構造の像客観と像主題の違いで説明していますが、知覚と想像の違いということでは、現在と基本的には、同じ考えです。ただ、少し修正したい点がある。それは、ジャコメッティの彫刻には「正面性」があると言ったことと関連している。

絵画的彫刻あるいは絵画の立体化の問題です。小林正人は絵画と彫刻の折衷を試みている。



『美術評論とはなにか』⑩へ()

2011.06.30[Thu] Post 23:11  CO:0  TB:0  美術評論とは何か  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

〔9〕美術評論とはなにか:具象彫刻の像客観(知覚)と像主題(想像) のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/770-bacd4803
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。