ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/765-7f440836
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

やっぱり『Chim ↑ Pom』かと、誰もが思ったに違いない。

岡本太郎の《明日の神話》のいたずらをしたのは、Chim↑Pomだと名乗りでたそうだ。なんだ、一番、平凡な結末だ。

このいたずらを聞いたとき、『美術手帖』の読者なら、ほとんどの人はChim↑Pomの名前を思い浮かべたに違いない。私も広島で原爆記念日に空に飛行機で「ピカッ」と描いた集団のことを思い出したけれど、まさか芸術家を自称する者が同じことを繰り返すとは思わなかった。

しかし、岡本太郎財団とChim↑Pomのコラボ説も捨てきれない。いたずら発見のときの平野館長のコメント。

 「みなさんはいたずらとおっしゃるけれど、スプレーを作品に吹き付けたり傷つけたりしたわけではない。『明日の神話』は後世に残すべき作品だと敬意を払ったやり方をしている。ゲリラ的な瞬間芸として、明らかにアートの文脈で行われた行為です。ただ、作品としては斬新さも感じないし、ほめるつもりもありませんが」

 平野さんは苦笑しつつ、岡本太郎が「行動の対象」になったのは理解しやすい、と語る。

 「やったのはおそらく若い人でしょうが、彼らがいま、日本の置かれた状況や不安感、そういうものをモチーフにして、表現をしたいと思うのは当然。それをぶつける舞台として太郎が選ばれた。未来を考えるときに参照されるアーティストだということでしょう」(産経ニュース5/18)


寛容なのはいいとして、『Chim↑Pom』の「ピカッ」への言及がないのは不自然ではないか。そして、犯人が名乗り出たあとの、産経ニュース(5/18)

 東京都渋谷区の渋谷駅構内にある画家、故岡本太郎氏の壁画「明日の神話」の一角に1日、原発事故を連想させるベニヤ板張りの絵が張られていた事件を巡り、アート集団「Chim↑Pom」(チンポム)が18日夜、都内のギャラリーで開いた個展の内覧会で、壁画に絵を取り付けている映像作品と原画を公開、メンバーが「作品として付け足した」と話した。警視庁渋谷書が軽犯罪法違反容疑などで捜査している。

 「Chim↑Pom」は6人組で、平成20年に広島の上空に飛行機で「ピカッ」という文字を描いて騒動になった。今回の絵は「LEVEL7 feat.『明日の神話』」と題され、岡本氏のタッチで壊れた4つの原発建屋が描かれている。メンバーの卯城竜太さん(33)は「(原発事故で)歴史は更新されてしまったので、ヒバクのクロニクル(年代記)に(福島を)付け足した。作品を岡本太郎記念館に寄贈したい」などと話した。


談合したというより、イベント芸術屋どうしの呼吸がピッタリと合ったということだろう。こういうイベントは無視するに限るのだが、「岡本芸術はイベント芸術である」という我が先見の明を自慢したくて敢えて取り上げた。

これからもいろいろな岡本芸術のイベントが企画されるだろう。

2011.05.20[Fri] Post 20:46  CO:0  TB:0  ~岡本太郎  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

やっぱり『Chim ↑ Pom』かと、誰もが思ったに違いない。 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/765-7f440836
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。