ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/761-4d25d1ef
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

〔7〕美術評論とはなにか:具象と抽象

イリュージョンの観点からもう一度「絵画を見る」ことを整理してみる。

フッサールの「絵を見ること」の三層構造(物理的像、像客体、像主題)の分析は、白黒写真に基づいている。絵をみることは、「知覚に基づいた想像」であり、自由な想像や想起とは異なる。

紙に円が書いてある。これは知覚だ。それがお皿やサッカー・ボールに見えるのはイリュージョン(像主題)だ。しかし、紙に描かれた黒い線が円に見えるのは純粋な知覚とはいえない。閉じられた線分が円に見えるか楕円に見えるかあるいは四角に見えるかは、純粋な知覚を超えたゲシュタルトの知覚である。しかし、ゲシュタルトは立体の知覚でも作用しているので、あえて、これをイリュージョンとはいわない。どちらにしろ、これは幾何学的図形であって自然的対象(像主題)ではない。

それでは円が球に見えるのはどうだろう。あるいは一つの斜辺を共有した二つの三角形が四角錐に見えるのは、イリュージョンだろうか。勿論イリュージョンである。というのは、知覚しているのは、平面的な二つの三角形であり、それが立体にみえるだけだと知っているからである。しかし、これも立体図形であり、自然的対象(像主題)ではない。幾何学的図形には大きさがない。

四角錐がピラミッドに見えるのは像主題である。ピラミッドは自然的対象としての大きさを持つ。四角錐は像客体としての寸法はあるけれど、具体的な大きさはない。フッサールは像客体は知覚、像主題はイリュージョンと考えていたようだが、像客体は知覚とイリュージョンの合いの子のようなものともいえる。そもそも、絵を見ることが、「知覚に基づいた想像」だとしても、どこまでは知覚で、何処からがイリュージョンなのか一義的に決めることは難しい。二つの意識が弁証法的に絡まっていると、誤魔化しておくほかない。

それから、ついでに付け加えておくと、図像客体が立体に見えなくても、三次元の図像主題を表わす(意味する)ことができる。たとえば平面的な赤い円が林檎という立体的な事物を表わす(意味する)ことが出来るということだ。これは、モダニズムの平面性と密接に関わっている。

われわれは、ここまで主として具象画の図像主題すなわちピクトリアル・イリュージョンを扱ってきた。林檎とかヌードとか風景である。オップ・アートのイリュージョンは「知覚もどき」の目の錯覚である。optical illusionにはブリジッド・ライリーのような抽象画がほとんどだが、「親指が二本の手」のような具象画もある。

それでは、抽象画には、オプティカル・イリュージョンがあっても、ピクトリアル・イリュージョンはないのだろうか。もちろん、抽象画には図像主題がないのだから、その意味でのピクトリアル・イリュージョンはない。しかし、ピクトリアル・イリュージョンは「知覚に基づいた想像」ということであれば、抽象画にもピクトリアル・イリュージョンはある。グリーンバーグがいう空間のイリュージョンだ。

次回は、悪名高いグリーンバーグの「空間のイリュージョン」についてです。

『美術評論とはなにか』⑧へ 途中質問に対する回答を飛ばしたので繋がりが悪くなっている。しかし、「絵画の現象学」の理解には役立つと思う。
2011.05.05[Thu] Post 00:39  CO:0  TB:0  美術評論とは何か  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

〔7〕美術評論とはなにか:具象と抽象 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/761-4d25d1ef
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。