ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/731-514c6ee8
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『ドガ展』 横浜美術館 ★★

ドガのデッサンは下手くそである。

《テオドール・ゴビラール夫人》の左手がどういう具合に肩につながっているのか分からない。両手の長さが違うセザンヌの絵は有名だが、ドガのこの絵は、ちょっと理解不能である。

ドガの得意のモチーフは踊り子と競馬だろうが、両方とも評判のわりに魅力の欠ける。踊り子のデッサンは写真を使ったらしいが、余計に魅力がない。マチスの線描の素晴らしさを改めて理解した。

美術史に関心がなければ、特に見に行く必要のない展覧会だ。詳しくは家に帰ってから報告する。
2010.10.24[Sun] Post 17:14  CO:0  TB:0  美術展評  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

『ドガ展』 横浜美術館 ★★ のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/731-514c6ee8
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。