ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/727-b9fcadd0
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『絵画論を超えて』(尾崎信一郎著)を読む(4)(『絵画の現象学』)

【ステラのblack paintingは自己言及の絵画である】

話を戻して、尾崎の「作品の二つの意味」を整理しておこう。

尾崎はここでは「外部参照と自己参照」と「意味論的情報と統語論論情報」の二つを挙げているわけだが、具体的に絵画に即して述べられていないので、これらが何を意味するか、明確ではない。おそらく殆どの人にはチンプンカンプンだろう。

というわけで、われわれは、モダニズム絵画の純粋還元を理解するためには、「意味論的情報と統辞論的情報」や「外部参照と自己参照」のほかに、「具象画と抽象画」と「知覚(物体)と想像(イリュージョン)」の区分を導入した。この二つの対立軸なら容易に理解できるだろう。

尾崎の自己参照は、非常に曖昧に使われている。本来のself-reference(自己言及)は、クレタ人のパラドックスのように、ある命題がその命題自身に言及している場合や、ある集合が自分自身を含む場合に言うのだが、尾崎の絵画における自己言及は、ただ、リンゴや肖像や風景などの外部の主題に言及していないことを意味するだけだ。もう一度言うと、自己参照とは外部参照がないという否定的定義のことであり、肯定的に自己に言及するのではなく、他者、すなわち絵の外部にある対象を指示しない絵画のことを言う。

しかし、こんな否定的で曖昧な定義では、フランス哲学の巧みなレトリックを使えば、何でもかんでも自己参照になるだろう。そのことはともかく、絵画における本来の自己参照について触れておく。

考えられる唯一の自己参照の絵画は、その絵と同じ額縁をキャンバスいっぱいに描き、その内側に例えばリンゴでも肖像でも描けば、自己言及の絵になる。最初のリンゴの絵は,絵の中の絵のリンゴに言及していることになる。二つのリンゴは同じもので、一方のリンゴが他方のリンゴ、すなわち自己自身に言及していることになる。

なにか怪しい理屈で、本当かいなと言いたくなるが、いずれにしてもちょっとした誤魔化しがある。じつは、これは自分自身を描いた絵ではないのだ。もし、自分自身を描いたとすれば、描いた額縁の内側にさらに額縁を描かなければならない。そして、もちろんその内側にも額縁を描く、という具合に無限に描かなければならないのだ。

このことは、合わせ鏡を思い出せばよく分かる。テレビカメラでモニターを映しても、同じ無限後退が見られる。もし、黒いノートパソコンのモニターの枠をギリギリに映せば、ちょうどフランク・ステラのブラック・ペインティングのようになる。ブラック・ペインティングは自己言及の抽象絵画だ。

ついでなのでマチスに自己言及のドローングを見つけたので、コピーしておく。

《アトリエに横たわる裸婦》
              アンリ・マティス 《アトリエの横たわる裸婦》1935年




 ピカソの「画家とモデル」のシリーズと呼応するものだ。他にもフェルメール、レンブランド、ヴェラスケス、クールベなどに「画家とアトリエ」の絵があるが、マチスのように自己言及にはなっていない。マグリットにありそうだが、興味のある人は自分で探して下さい。





2010.10.15[Fri] Post 18:42  CO:0  TB:0  絵画論を超えて  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

『絵画論を超えて』(尾崎信一郎著)を読む(4)(『絵画の現象学』) のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/727-b9fcadd0
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。