ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/723-ee8f950d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『絵画論を超えて』(尾崎信一郎著)を読む(1)(『絵画の現象学』)


尾崎信一郎の『絵画論を超えて』の帯には「モダニズム/フォーマリズムの方法論的な超克とは何か」とあるのだから、たぶん、『批評空間』の増刊号の特集『モダニズムのハードコア』と同じように、グリーンバーグのフォーマリズムを批判的に検討し、モダニズムのあたらしい批評的展開を目指そうというのだろう。

私の批評理論は絵を見て感じたことを言葉にするということに尽きる。絵に対して、自然で素朴な、日常的な絵画鑑賞の態度をとり、そこに現れた絵画の現れ方を記述する。

通常、絵を見るということは、描かれた主題を見ることだ。リンゴとか風景とか人物を見る。大方の美術愛好家はそうだろう。ところが何が描かれているかではなく、いかに描かれているか、あるいはそれを超えて、色彩や線や構図を鑑賞するハイ・アマチュアがいる。

これはフォーマリズムであり、フォーマリズムの美術批評上の祖はドラクロアを色彩家と称揚したボードレールである。形式(フォーム)というのはあくまでも主題という内容に対する形式である。

ところが、抽象画にはもともと主題がない。主題がないけれど、色彩や線や構成はある。具象画では形式だったものが抽象画では内容になるということだ。もともと、形式と内容は、プラトンのイデアやアリストテレスの形相と質料の議論でもわかるように、相対的なもので、グリーンバーグのフォーマリズムは、絵画の本質は平面性だというモダニズムと絡まって、議論が混乱しているように思える。たぶん、岡崎乾二郎や上田高弘の議論は、私だけではなく、大方の美術愛好家にも難しいに違いない。

私は、絵をまず、具象画と抽象画に分ける。なぜかといえば、絵(picture)とは具象画だと相変わらず思っていることもあるが、それよりも描かれた形体が具象の場合と抽象の場合では見え方がちがうからだ。たとえば、ある曲線が女の尻をあらわしているのと、ただの一本の曲線であるのとでは、当然、現出の仕方が異なる。

具象と抽象の区別は、イリュージョンの視点から三つに分けられる。ピクトリアル・イリュージョンとオプティカル・イリュージョン、そして、イリュージョンのないリテラルな絵画平面である。津上みゆき()にはこの三つがある。風景のイメージと浅い奥行きを伴った色面の重なり、そしてステイニングの技法で「染められた」支持体の三つが巧みに描かれている。

既にわれわれは、『絵画の現象学』で、具象絵画の三つの層を分けておいた。物理的な絵画、絵画客観、絵画主題のみ三つである。

以上の区分はもちろん明確なものではない。ただ、絵を見るときの補助手段として、ときどきそれらの区分に注意を向けながら絵を鑑賞するというだけの話だ。

そんなふうに絵を見ていると、たとえば、ロスコの抽象画が具象画に見えてくる。たしかにロスコの絵には主題がないけれど、そのうち抽象的な空間のイリュージョンを超えて、具体的な天地創造の広がりが現れるてくる。そういう意味で、ロスコの空間はピクトリアル・イリュージョンと言える。

さて、尾崎信一郎の『絵画論を超えて』にもどろう。第一部第一章のタイトルは「現代美術と自己参照」である。かれは、作品にには二つの意味があるという。一つは意味論的情報、もう一つは統辞論的情報である。

つづく

2010.09.24[Fri] Post 01:10  CO:0  TB:0  絵画論を超えて  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

『絵画論を超えて』(尾崎信一郎著)を読む(1)(『絵画の現象学』) のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/723-ee8f950d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。