ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/703-78315b9c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

マネ論④ 『ボストン美術館展』のマネ

マネはもちろん凡庸な画家ではない。

三菱一号館美術館の『マネとモダン・パリ展』には、《扇を持つ女》の広角レンズの遠近法や、《街の歌い手》の衣装の布地や、《すみれの花束をつけたベルト・モリゾ》の白と黒など、面白い作品もあったけれど、感動するというにはどこか物足りなさが残った。上手だけれど、モダニズムの絵画としてはごく普通に見えてしまうのだ。たぶん、モダニズムの祖といわれているぐらいだから、マネの新しさは現代絵画では絵画が絵画であるための常識みたいなものになっているのだ。

もちろん写真の影響がある。マネの目はカメラのレンズになって対象を見る。人物たちのこちらを振り向いたような視線はスナップ写真のカメラ目線だろうし、明るいところは飛んで暗いところは潰れているのは硬調のプリントだし、日常的な背景の中のヌードは、現代の芸術写真の紋切り型になっている。

今回、いちばん感動したマネの作品は、『マネとモダン・パリ展』ではなく、『ボストン美術館』で見た《ヴィクトリーヌ・ムーラン》だった。会場に入った正面に《ヴィクトリーヌ・ムーラン》とベラスケスの《ルイス・デ・ゴンゴラ・イ・アルゴテ》の肖像画が並べてあった。その前を通りすぎて、はじめに、ティントレット、ヴァン・ダイク、レンブラントの肖像画を見た。それからもどって、正面のマネとベラスケスの肖像画をみた。

二枚の肖像画の視線が私を捉えた。二人は同じように顔をやや左側を向けて、観者の方を見ている。男は不機嫌そうにこちらをにらみ、女の方も打ち解けた視線ではなく、防御的な放心したような視線を観者にむけている。しかし、われわれが見るのはそんなモデルの内面的なものではなく、顔の明暗と筆触の面の作り方なのだ。レンブラントはマネのように大胆であり、マネはレンブラントのように繊細なのだ。マネの顔は平面的に思えるが、よく見れば、光の部分と影の部分の境界線がかすれたような筆触によって巧みにモデリングがされている。

ベラスケスは近くから見ると絵画であり、遠くから見ると写真に見える。『プラド美術館展』の記事で、「ヴェラスケスは写真のように退屈である」と書いた。《エル・プリモ》が持っている本のページは細かい文字がぎっしりと印刷されているように見えるけれど、近づいてみると、ただ灰色の絵具が薄く塗ってあるだけだ。今回の『マネ展』に展示されている《エミール・ゾラ》が持っている本のページも灰色の絵具がベラスケスより大胆に濃淡をつけて塗られている。たぶん、図像が印刷されているのだろう。ベラスケスとマネの差はこの本のページの描き方の差なのだ。

フランス・ハリスの《男の肖像》を見たはずだけれど注意を引かなかった。ところが、いまカタログで《男の肖像》をみたら、なんと、まるでマネのまねをしたような大胆でストロークの長い素早い筆さばきなのだ。カタログの解説から引用する。

ハルスの作品は19世紀後半から20世紀前半にかけてのモダニズム芸術の運動とのあいだに、いくつかの共通点が認められることを鑑みれば、近年になってこの画家が美術の歩みを予告した存在として見なされていることは何らの不思議ではない。(『ボストン美術館展』カタログp44)


たしかにそうだろう。当時も高い評価を得ていたという。しかし、わたしにはまったくつまらない肖像画にしか見えない。このハルスのつまらなさは、かっては斬新であったものが陳腐になった時のつまらなさだ。これと同じ陳腐さが、私が今現在マネの絵に感じる不満なのである。

もちろんわたしの目が節穴だという可能性のほうが大きいのだけれど。






2010.08.23[Mon] Post 01:53  CO:0  TB:0  -マネ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

マネ論④ 『ボストン美術館展』のマネ のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/703-78315b9c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。