ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/642-29a0f365
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『シッコ』マイケル・ムーア監督★★☆

これは『へんてこ論』に書いたもの、映画なのでこちらにも転載

前半のアメリカの医療制度の告発の部分はマイケル・ムーアの面目躍如である。

しかし、他国の医療制度と比較した後半はドキュメンタリーとしては弱い。とくに結末のグァンタナモ収容所とキューバの医療制度の部分はこの映画の告発の力を弱めてしまっている。

グァンタナモ収容所にもキューバにも自由がない。だから、二つを並べることは、キューバの充実した医療制度に対する皮肉なのかとはじめは思ったが、どうやらそうではなく、マイケル・ムーアは本気でキューバを礼賛しており、結果的にはキューバのプロパガンダ映画になっている。

文化大革命の頃、中国の医療がいかにすばらしいか朝日新聞は熱心に報道していたことを思い出す。そう言う意味ではこの映画は左翼のアホ丸出しの映画ともいえる。

ただ、こんな出来の悪い映画が、受け入れられたのは前半部のユーモアを交えた告発がアメリカの国民にすなおに受け入れられたからだろう。それほどアメリカの医療制度は病んでいるということだ。

そういうわけで、星は丁度半分の二つ半★★☆ということで。
2009.11.08[Sun] Post 21:46  CO:0  TB:0  映画  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

『シッコ』マイケル・ムーア監督★★☆ のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/642-29a0f365
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。