ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/638-a52f5468
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『グラン・トリノ』のヤノヴィッチ神父

この映画がなんとかばらばらにならずに済んだのは、クリストファー・カーリー(ヤノヴィッチ神父)のキャスティングだろう。赤毛でそばかすのアイルランド人で知られているということだが、これが彼の初めての映画出演である。

神学校を出たばかりで、生のことも死のことも何もしらないとウォルト(クリント・イーストウッド)に悪態をつかれるのにぴったりのキャスティングだ。その見るからに愚鈍そうなむくんだ容貌が、あまりうまいとは言えないクリント・イーストウッドの悲しみと怒りの表情を名演技に見せている。

近ごろの助演賞はどうも主役をくってしまうような演技に与えられるようだけれど、クリストファー・カーリーはちゃんとイーストウッドを引き立てていた。なぜ一つも賞をもらわなかったのだろう。演技ではなく、素地のままだとおもわれたのだろうか。
2009.10.31[Sat] Post 22:33  CO:0  TB:0  映画  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

『グラン・トリノ』のヤノヴィッチ神父 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/638-a52f5468
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。