ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/594-f6ca6245
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『ノルウェイの森』再読(4) (ワタナベくんの両天秤)

なぜ、ワタナベは緑の手で射精したことをレイコに手紙でしらせたのか。

それまで、「直子=レイコ=ワタナベ」と「ワタナベ=緑=緑の恋人」の二つだった三角形が、緑が恋人と別れることによって、「直子=ワタナベ=緑」の一つの三角形になる。というよりもワタナベが直子と緑の二人を両天秤に掛けることになる。

直子はワタナベとの初体験のときは、濡れたしエクスタシーも感じた。しかし、二回目は濡れることもなく、挿入も不可能だったので、手でワタナベの射精を手伝う。直子に対する愛のためなのか、ワタナベは性処理のためのナンパはやめている。しかし、同級生の緑と知り合い、物干し台でキスをしたり、緑の部屋で一晩過ごしたり、ポルノ映画を見たりして、得意げに友情ごっこをしているうちに、お互いに欲望(と愛情)が高まっていく。緑はそれまでのボーイフレンドと別れることでワタナベに愛を告白する。ワタナベも緑が好きだという。

さあてさて、盛り上がった二人の運命やいかに。緑はワタナベに抱いて欲しい。ワタナベは直子のことがあるのでそうは簡単にいかない。緑は「わたしならやっちゃうけどな。」と言う。

「そしてやっちゃてから考えるけどなあ」
「本当にそうする?」
「嘘よ」と緑は小さな声で言った。「私もやらないと思うわ。もし私があなただったら、やはりやらないと思う。そして私、あなたのそういうところが好きなの。本当に本当にすきなのよ」

そして、緑は下着を脱いで、そのなかに手を使って射精させる。緑が胸やあそこをさわりたいかと訊ねたけれどワタナベは我慢する。

ワタナベは挿入を我慢して緑の手で射精することで、直子に義理立てをし、同時に緑も大切に思っていることを示したのだ。しかし、ワタナベが緑の胸もあそこさわらず、緑の手で我慢しているのは、緑を大切に思っている証だと緑は考えているのだが、それはまったくの嘘である。ワタナベは自分の欲望の充足だけを考えて、緑の欲望のことなどひとつも気にしていない卑劣漢である。

ワタナベは男と女のゲームにさんざんつきあって緑を誘惑したあげく、「ねえ、私は生身の血のかよった女の子なのよ」といって、雨の中ずぶぬれになって緑と抱擁する。そして、緑の部屋で胸や、たぶん濡れているだろうあそこをさわってほしいと遠回しにいっているのに、さわってやらず、ただ、緑の脱いだ下着に射精する。

緑はワタナベが自分の下着に射精した大量の精液をみて満足する女として描かれている。それだけか、そのあと緑は買い物に行きワタナベのために食事を作り、「沢山食べていっぱい精液を作るのよ」と言う。腹が立つので引用はやめる。自分で読んでくれ。フェミニストでなくても腹が立ってくる。

冒頭の「なぜ、ワタナベは緑の手で射精したことをレイコに手紙でしらせたのか。」の答えは次回です。
2009.07.19[Sun] Post 01:43  CO:0  TB:0  村上春樹  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

『ノルウェイの森』再読(4) (ワタナベくんの両天秤) のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/594-f6ca6245
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。