ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/579-71da6492
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

分権ファシズムと友愛ファシズム(1)

東国原宮崎県知事はどうやら本気で「総裁候補にするなら」といったらしい。以下、nikkansports.comからの引用。

東国原氏の卒業した専大で教授職だった松浪氏が「東国原クン」と呼び、「頭を冷やして、顔を洗ってこい」とした23日の発言などに対しては「そん なことを言われた方もいらっしゃるようですが、まあ、どーでしょうかねぇ。1回下野されて、そちらの方が頭を冷やされて、顔を洗われた方がいいんじゃない でしょうか」と切り捨てた。

ただ、国政への意欲は募る一方。「総裁選は党友、党員全員の投票にする。民主党の代表選は国会議員だけ。それを自民党さんは開かれた政党として、 変わったなぁ~と思っていただける」。地方と国の対等な関係を目指す全国知事会のマニフェスト採用と総裁選候補の2点について「自民党がのめば」とした上 ではあるものの、発する言葉は自民党議員のようだった。23日午後の会談後、夜は古賀氏と会食し、再度強く出馬要請を受けたようだ。


どうだろう。かなりファシストの手法を取り入れていないか。「党友、党員全員の投票」というのは小泉首相が使ったファシズムの手法だ。

それから、東国原知事の要求したもう一つの条件が「全国知事会のマニフェスト」の全面採用だ。その中身は「国と地方の税源配分を5対5」「直轄事業負担金の廃止」「権限移譲の推進」の3つで、すべてを4年間で実現してほしいという。これは地方の反乱だ。地方の不満を糾合して官僚が支配する中央政府を打倒するという構図は、うまく流れにのれば、大きな力になる。

民主党は政治任用で脱官僚政治を実現すると言うが、そんな民主主義的なやり方では失敗におわるだろう。これは維新であり、倒幕運動なのだから「藩」のエネルギーを一つに束ねる(ファッショ)ことがひつようだ。なんで宮崎県には高速道路がないのだ、なんで必要がないダム工事に府が費用の半分出さなければならないのだ、という具体的な不満が地方分権の要求となり、結局は官僚内閣制打倒の力になる。(実際地方と東京の格差はないんだけどね)不満の矛先は東京ではなく、中央政府だ。

自民党の長老は東国原知事がお笑い出身だと侮っているが、ヒットラーだってムッソリーニだってエリートではなかった。ただ、東国原知事はお笑いの癖なのかへれへらした態度はやめた方がよい。背筋を伸ばしてみんなの顔を見て話してもらいたい。松浪健四郎への反論で、「下野しろ」といったところは、小泉の「自民党をぶっ壊す」にはおよばないものの、なかなかのものだ。でも、首相になりたいならもうちょっと工夫が欲しい。

心配なのは東国原知事が憂国の士かどうかだ。たんに宮崎県民の市民的利権を考えているだけなのか、それとも国を憂えているのか、そこがこれまでの彼の言動を見ている限りこころもとない。

まず、橋下大阪府知事とコンビを組むこと、それと中田宏横浜市長は信用しないこと。かれはいずれ裏切る人物だ。これまでも市民派の知事がたくさんいたが、どれも使い物にならなかった。橋下知事が初めてのまともな知事だった。この反乱の首領は東国原知事ではなく、橋下知事にやってもらえればもっと楽しかったのに残念だ。

それからこれは以前から噂になっていたことだが、民主党と公明党が連立する可能性があるらしい。これまでは、公明党が学会トップの証人喚問を避けるために、政権与党にすり寄っていると批判されていたが、今回は外国人参政権を成立させるために選挙協力をするという噂だ。いよいよ「友愛ファシズム」は本性を現してきたようだ。

『分権ファシズムと友愛ファシズム(2)』へ

次回は橋下知事の戦略について考えます。
2009.06.26[Fri] Post 03:23  CO:0  TB:0  テレビ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

分権ファシズムと友愛ファシズム(1) のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/579-71da6492
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。