ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/578-c20e35e3
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

足利事件とDNA鑑定

足利事件の報道はなんだか変だ。

足利事件というのは、栃木県足利市で起こった女児殺害事件で容疑者がDNA型鑑定により有罪が確定したが、再審請求を受け、東京高裁の嘱託による再鑑定でDNA型不一致との結果が出たという事件だが、この「DNA型鑑定で有罪が確定した」というのが変なところだ。

当時DNA鑑定の精度は数百分の一だったが、げんざいは四兆七千億分の一に精度があがったと解説しているが、型が判っている全部の部位の塩基配列を調べるわけではないだろう。それに、いくら精度があがったといっても、血液型の鑑定と同様に、DNA型の一致が犯人だという証拠にはならない。ただ、一カ所でも、不一致なら犯人ではないといえるだけだ。

今回の場合は、より精度の高くなった方法で再鑑定をして、不一致が判明した。精度の低い血液検査の場合とおなじように不一致が無罪の証拠になったのだ。精度の高い再鑑定でDNA型が一致したとしても、相変わらず同一人物の証拠にはならないことは血液型検査と同じだ。

「アゴラ」の『足利事件の一側面』では「検察の理系音痴」といっているが、そんな大袈裟なことではない。ただ、常識がないだけだ。わたしの中学生のころにすでに古畑種基は有名人だったし、血液型の不一致は無罪の証拠になるけれど、一致は犯人の証拠にならないということは常識だった。だから、探偵小説を読んでいて、血液型の一致が動かぬ証拠という結末になるといつも腹を立てていた。

『Blue roses in my life』の記事にアップされた「サンデー・プロジェクト」を見ると、なんだか様子がおかしい。たぶん菅家さんの知的能力につけ込んだ自白の強要などがあったのだ。そのことを隠蔽することを検察警察は重視しているのだ。だから、DNA型一致という証拠にならない証拠のでっち上げを、DNA鑑定の精度の問題にすり替えて、はやめに謝罪をしたのだ。もちろんこの背後には「取り調べの可視化」の問題がある。

それにしても、警察検察を絶対に許さないと言っていた菅家さんがあっさり謝罪を受け入れたのは佐藤弁護士の戦略かしら。ちょっとわからない。
2009.06.21[Sun] Post 02:07  CO:0  TB:0  テレビ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

足利事件とDNA鑑定 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/578-c20e35e3
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。