ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/571-cbf38f83
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

池田亮司と名和晃平のキューブ

池田亮司(東京都現代美術館)にも名和晃平(原美術館)にも、靴を脱いで入る展示(インスタレーション)があった。ひとまず、床を汚さないためだということでは、伊東豊雄の曲面の模型や横尾忠則の滝のインスタレーションなどと同じである。

インスタレーションというのは作品の空間と観者の空間が連続した同一の空間だということだ。名和晃平のキューブはインスタレーションではなくオブジェであり、外側から内部を覗くことができる。池田のキューブはインスタレーションというよりインテリアであり、その内部で観者は四方から身体を取り囲まれる。ニューマンの大きな作品は、近づいて見ることによって、観者の身体を包み込むような感覚が生まれるというが、池田のキューブはリテラルに観者を包む。

名和晃平の白い壁や床、そして間接照明は無影の空間を作るためだ。そのなかに置かれたキューブ『Air Cell』は中を覗くことで、観者の身体が切り離され、キューブ内部のイリュージョン空間が現れる。そこのところを私のブログ記事『名和晃平』から引用。

 しかし、この作品で、意外に面白いのは、陰影のない等質なデカルト空間とおもえるキューブに、ノイズがあるからだ。接着剤の粒の形や大きさが微妙に違うのである。付着している位置もずれているので、単純な機械的な繰り返しになっていない。そのためコンピュータで作図したような平板さを免れ、キューブの三次元空間が錯視ではなく、どうにか知覚的現実性を保っている。

これに対して、池田亮司のキューブの空間は、観者がその内部にいるので観者の空間から切り離すことは難しい。また、乱数はノイズと違って知覚することはできない。ということは、知覚に基づいた想像的空間のイリュージョンは現れにくい。そこに現れるイリュージョンはせいぜいのところ擬似的知覚(錯視optical illusion)にすぎない。

どちらにしろ、いくら哲学的な言説で飾り立てようとも、オブジェはオブジェ、インテリアはインテリアである。どとらもイリュージョンではなくデザインが問題になる。

『図像に還れ』へ

『伊東豊雄』
『横尾忠則』
『名和晃平』
2009.06.16[Tue] Post 20:38  CO:0  TB:0  -池田亮司  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

池田亮司と名和晃平のキューブ のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/571-cbf38f83
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。