ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/563-69977bfa
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

NHKの天安門事件の報道

「天安門広場の虐殺はなかった」

明日、ニョウボが東京から帰るので、だいどこを片づけた。今回は自分で食事を作ったので洗い物や生ゴミや発泡スチロールがたくさん出た。片づけに小一時間かかった。その間NHKのニュースを見た。

おどろいた事にNHKが天安門事件のことをかなり批判的に報道していた。「クローズアップ現代」で国谷裕子が天安門事件の虐殺はなかったと発言したことはよく知られているが、Youtubeで放送をチェックすると、国谷も解説者も「天安門事件の虐殺」ではなく「天安門広場の虐殺」と言っていることがわかる。

たしかに、虐殺は広場ではなく長安街で起こった。しかし、広場で市民と学生が軍と衝突したと思っている人も多いだろう。私もそうだった。そのかぎりでは、「虐殺は広場ではなく長安街で起こった」というのは意味があるかもしれない。しかし、あの出来事は「天安門事件の大虐殺」であって、「広場の虐殺」でも「長安街の虐殺」でもない。

民主化を求めて天安門広場に集まった学生市民を軍が武力で広場から排除した、排除された学生たちは長安街に集まった。そこを戦車で踏みつぶしたのだ。人間が戦車で踏みつぶされると霜降り肉のようになることを初めて知った。白い脂肪に見えるのは骨なのだろうか。

国谷裕子は「天安門広場の虐殺はなかった」と、あたかも「天安門事件の大虐殺」がなかったかのような印象操作をおこなったのだ。国谷と解説者はしきりに恣意的な編集はしていないとわざわざ弁解しているのは笑えるが、今回の『ジャパンデビュー』の台湾統治にかんする捏造番組のことを考えると、笑ってすませることではない。

そのNHKが、腰が引けているけれど、天安門事件20周年の報道をしたことは、ひとまず注目しておく必要がある。しかも、小泉首相が靖国参拝をしたときNHKの海外放送が中国で切断されたことにいっさい口を噤んでいたのだが、今回は天安門事件報道が中断されたことをテレビの画面が消えるところまで見せて伝えていた。

でも、NHKが反省したなんて考えてはいけない。彼らはこの見返りに、よりバージョンアップした反日媚中の番組を放送するだろう。楽しみに待て。


『NHKの天安門事件の報道②』

2009.06.05[Fri] Post 14:11  CO:0  TB:0  テレビ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

NHKの天安門事件の報道 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/563-69977bfa
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。