ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/556-7674a417
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

在日特権と地方参政権

いくら考えても分からないことがこの世の中にはある。外国人参政権もその一つだ。これが在日参政権であることを最近まで知らなかった。

そんなことより理解できないのは、外国人参政権を推進する民主党の鳩山(兄)代表が、「定住外国人は税金を納め、地域に根を生やし、一生懸命頑張っている。(地方)参政権くらい、付与されるべきだ」と述べたということだ。「地方参政権」ぐらいというが、在日特権をあたえたのはその地方自治体だ。

近頃、地方分権が正義のように言われているが、ほんとうにそうか。インターナショナリズムが背後からナショナリズムを破壊しようとしているのではないか。

私が以前、住んでいた町の駅前ロータリーの真ん中に「平和祈念像」という銅像が立っている。横断歩道を渡るたびになぜこんな意味のない銅像を税金で建てるのか不愉快に思っていた。おそらく「郷土出身」の彫刻家に依頼して作ったのだろう。自由の女神みたいのが(まあ、パチンコ屋かラブホテルの看板ですな)トーチをかかげて、その足下に裸の幼児が(まあ、キリストですな)座っている像で、その醜悪さは藤枝晃雄でなくても反吐がでる。

一時は、冗談ではなく、「平和祈念像断固撤去」の署名運動をしようとおもったけれど、めんどくさいしかっこわるいし(なにしろ相手は「平和」だからな)、だいいちそんな暇はないので実行しなかった。たぶん、この面倒臭がったり恰好を気にする保守派の態度が国を危うくしている。

銅像ばかりではない。区立図書館の購入図書もそうとうに偏向している。どういう風にそうなっているのか、わからないが、たぶん、購入図書選定委員会のようなものがあって、そこが偏向した考えの持ち主に支配されているにちがいない。もちろん購入図書希望は誰にでもできるのだから、偏向した図書を優先的に購入させることは簡単にできる。プロ市民が地方自治体を乗っ取ることは簡単だ。

それから、鳩山さんは「相互主義」というけれど、韓国には在日のような特権をもった在韓日本人はいない(というと彼らは自分たちは拉致されたんだというw)。いずれにしろ、外交官特権などとはちがって、参政権や帰化国籍の問題は、国のあり方にかかわるのだから、単純に相互主義で解決できる問題ではない。

政治家は人権平等主義ではなく、現実主義にたって政治を行ってほしい。カルデロンちゃん可愛そうで政治を行ってはならない。日本はもう一度百年ぐらい鎖国して、よく考えたほうがいいのではないか。
2009.05.29[Fri] Post 15:32  CO:0  TB:0  美術展評  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

在日特権と地方参政権 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/556-7674a417
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。