ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/549-e33a6de0
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『日本の美術館名品展』(東京都美術館)2:ピカソ

パブロ・ピカソ:『ドラ・マールの肖像』

国立新美術館の『巨匠ピカソ』展(08年)で別の『ドラ・マールの肖像』を見た。それは直線的だったけれど、今回の『ドラ・マールの肖像』(徳島近代美術館所蔵)はちょっと円みがあってイラスト風で、分かりやすい肖像画である。 国立新美術館では、ほかに、パステル・カラーで描かれた『マリー=テレーズの肖像』も見た。どれも、横顔と正面の顔が合わさった女の肖像画である。

これらは肖像画は、もともとはキュビスムの多視点描画から来ているのだが、それが立体の平面への解体というモダニズムの意味を失って、単にピカソのシンボルという図像学的意味になっている。

ピカソは、赤塚不二夫の漫画に出てくるピカソのキャラクターを自ら作った。村上隆のキャラクターDOBくんのようにいろいろなバージョンがある。ピカソが自作を模倣しはじめたということだ。もちろんピカソは「これはポップだ」と言い張ることもできる。いずれにしろピカソは堕落の道を歩み始めたように思える。

ピカソは顔のもつ魔力をキュビスムによって解決することはできなかった。しかし、マチスは「へのへのもへじ」によって顔の象徴性表情表現を克服した。その意味では、ピカソはマチスを超えることはできなかった。

2009.05.25[Mon] Post 23:20  CO:0  TB:0  -ピカソ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

『日本の美術館名品展』(東京都美術館)2:ピカソ のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/549-e33a6de0
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。