ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/538-e5ba6e46
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

横田めぐみさん死亡説

田原総一郎が「横田有本死亡説」を「朝生」で述べたらしい。以下、産経ニュース。

 ジャーナリストの田原総一朗氏(75)がテレビ朝日の番組で、拉致被害者の横田めぐみさん=拉致当時(13)=と有本恵子さん=同(23)=について死亡を前提とした発言をしたとして、家族会と支援組織「救う会」は11日、田原氏とテレビ朝日に抗議文を送付した。  田原氏は4月25日のテレビ朝日の「朝まで生テレビ!」で、拉致問題交渉が難航する背景について、「2人は死亡した」と主張する北朝鮮側に対し、日本側が生存を前提に交渉しているためと説明。「外務省も生きていないことは分かっている」と発言した。(5/11)

すでに私のブログ記事『なぜ、サヨクは横田早紀江さんを憎むのか』で詳細に述べたように、私も横田めぐみさんは死亡していると思う。拉致を誘拐ゲームと考えれば、北朝鮮にとって横田さんを返すという手が最良の手だったはずだ。それまで、金正日は合理的なプレーヤーだった。だから、返さなかったのではなく、返せなかったのだ。

拉致問題を営利誘拐ゲームにしたのは安倍晋三副官房長官の功績である。そのことを決して忘れてはいけない。くわしくは上記の記事を読んでください。

それから、今の最良の手は、横田めぐみさんの問題は棚上げして、他の被害者全員の解放を求めて強攻策を続けることだ。そして、営利誘拐ゲームとして交渉をつづけることだ。

もちろんわたしは横田早紀江さんの憂国の情を支持するのだが。

カテゴリー「拉致問題」へ

PS:おかげさまでこの記事へのアクセスは増えているのですが、リンクした『なぜ、サヨクは横田早紀江さんを憎むのか』をクリックしてくれるひとが少ないようです。ネットでは田原総一郎への非難ばかりですが、冷静になって、私のこの記事を読んでください。サヨクもウヨク。いま、読み返しても我ながらよく書けていると思います。訂正するところはほとんどありません。
2009.05.11[Mon] Post 22:16  CO:0  TB:0  拉致問題  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

横田めぐみさん死亡説 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/538-e5ba6e46
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。