ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/519-95dcc738
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

3.5島論を支持する

産経ニュース(4/21)に『キッシンジャー特別講演』の記事があった。見出しは以下。

キッシンジャー氏『北の拉致は世界で最も不当で悲惨な事件』 岡山で講演

 【北朝鮮問題】北朝鮮問題による日本人拉致問題は、世界で最も不当で悲惨な事件の一つだ。日本人拉致の映画を観て、日本の方の連帯の強さを汲(く)んでいかなければならないと思った。北朝鮮の核兵器開発も日本や近隣諸国の大きな問題だ。だからこそ6カ国協議を支持する。

記事を読んで笑ってしまった。キッシンジャーはジャップが拉致されたからといって、同情なんかするわけがない。内心喜んでいるのだ。日本人は、どうしてこんなカネの亡者の国際学者が好きなんだろう。

この記事を読んで、すぐにクリントン(女)の横田夫妻との面会を思い出した。「母として会う」と言う台詞はわたしの勘繰りでは、キッシンジャーのアドバイスだったに違いない。キッシンジャーはクリントン(男)と共謀して米中秘密同盟を結んだのだ。キッシンジャーはコカコーラをはじめ米企業の中国進出の口利きで大金を稼ぎ、クリントン(男女)は中国から莫大な迂回献金を受けているのだ。

さて、日本はどうするか。このままでは日本はなくなる。まず、日本は独立することである。そのためには麻生さんの「自由と繁栄の弧」のかけた北の部分ロシアと同盟を結ぶことだ。忘れてはいけない。ロシアは腐敗してはいるけれど、形式上は一党独裁の国ではない。中共よりはましな国だと思わなければならい。

かって、中国が豊かになれば自由な国になると言ったノーテンキな財界人がいた。残念ながらそうはならなかった。そのかわり狂った二大強国が日本を挟み撃ちにしている。(大東亜戦争はまだ終わっていない)

そこで「3.5島返還論」である。中国で失敗したのだから、残るはロシアだけである。ロシアを豊かにして、自由と繁栄の国になってもらう。ほかに日本が生き延びる道はない。

もちろんロシアは卑劣な国である。隙があれば襲ってくる国だ。核を持たずにロシアとつきあうのは危険だ。しかし、他に選択肢があるのか。このままでは日本は滅びるだろう。パールハーバーの奇襲よりも、「3.5返還論」のほうが日本の独立のためには役立つようなきがする。でも、日独同盟になっても困るけれど。

もちろんあらゆる外交の前提は核武装である。ソ連にアメリカの核よりも日本の核のほうが脅威にならないと思いこませることができる外交官はいないだろうか。

麻生さんがロシアを「自由と繁栄の弧」の北端だと考えていればたいしたもんなんだけれどなぁー
2009.04.22[Wed] Post 18:54  CO:0  TB:0  米中同盟  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

3.5島論を支持する のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/519-95dcc738
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。