ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/497-19f974fe
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

原辰徳は長島茂雄を超えたか

侍ジャパンがWBCで優勝した。功労者にはMVPだった松坂がいたし、それより岩隈や中島やイチローがいる。でも一番の功労者は原監督だろう。

星野ジャパンの騒動のあと、誰にも歓迎されない雰囲気のなかで、監督を引き受け、「原ジャパン」とネーミングする度胸もなく、「侍ジャパン」なんていうアニメみたいな名前をつけられて、なにか馬子にも衣装のようで、カッコ悪いったらありゃしない。でも、この人ほどカッコわるさが似合う人はいないのかもしれない。

原監督の言語感覚は巨人の監督に就任したときの「ジャイアンツ愛」のキャッチ・フレーズでわかるように、ひとを微妙にしらけさせながら、同時に人を納得させるようなところがある。それでなければ、星野監督でバラバラになった選手たちが原監督のもとで団結するはずはない。

スポーツ新聞には原ジャパンのWBC優勝で、日本の野球界の世代交代が進んだという記事も載っていた。これまで、原が長島を超えることはできないと思っていたけれど、ひょうとしたら、長島を超えるかもしれない。そもそも長島は監督としては二流だった。

長島が監督を解任されたとき、巨人ファンをやめたので、入れ替わりに巨人に入ってきた原のことはチョコレートのCMでしかしらなかった。原が監督になったとき、名前の知らない小柄な選手が何人か活躍しているのをニュースで見た。どうやら二軍から抜擢した選手らしい。そのころ大味な移籍選手ばかりだったので、二軍の生え抜きを使う原監督に好感をもった。

原は監督として長島を超えるかもしれない。何よりも言語感覚が次第に長島に近づいてきた。優勝記者会見で突然、「今日限りでWBCを卒業します」と言った。選手たちは笑わなかった。また、麻生首相に優勝報告に行ったとき、「日本力」と書いた色紙を首相にわたした。「ニッポンの底力」がキャッチフレーズの麻生氏は喜んでいた。

長島世代の私にはざんねんだが、すでに原は長島を超えたのかもしれない。


2009.03.28[Sat] Post 18:59  CO:0  TB:0  テレビ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

原辰徳は長島茂雄を超えたか のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/497-19f974fe
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。