ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/48-2f9d605a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ブリジストン美術館のジャコメッティ★★★★★

 神奈川近代美術館葉山分館のジャコメッティ展が面白くなかったと、女房が、ずっと不機嫌で、田舎に帰る前に、もう一度ブリジストン美術館のジャコメッティを見ておきたいというので、しかたなくブリジストン美術館に電話した。

 
 *
 所蔵品のジャコメッティが見られるかと尋ねると、「いま、神奈川近代美術館でジャコメッティをやっているから、そちらで」という返事だったが、葉山では展示されていないというと、今は坂本繁二郎展が全館で行われていて、常設展示はないが、これが終われば常設展も再開されると思うが、確かめるから待てと言われて、三分ほど待った。返事は、坂本繁二郎展のあとも常設展はなく、十月のからのオーストラリア展のときに所蔵品の展示が行われる予定だから、そのときにもう一度電話で確認してほしいと言うことだった。わたしは、それならジャコメッティは葉山に貸し出してはいないんですねと確かめると「はい」と言う。
 それでも納得できないわたしは、「こんなこと訊くのも何んですが、貸し出しの要請はなかったのですか」と訊いたのだが、あたりまえのことに「それはちょっとわかりません」という答えだった。
 それにしても、なぜ神奈川近代美術館はブリジストン美術館にジャコメッティの貸し出しを申し出なかったのか、まったく不思議である。
 ブリジストン美術館のディエゴと比べれば傑作とは言えない、日動美術館のディエゴの胸像が葉山に貸し出されているのだから、なお不可解である。
 カタログを見れば、ブリジストン美術館はこの展覧会に写真の提供など協力しているのだが、肝心のディエゴ像は貸し出していない。
 このことはどういう事情かわからない。しかし、日本にあるジャコメッティの彫塑の中でもっともすばらしい作品が、これほど大がかりな展覧会に展示されないのは、理解できない。
 神奈川近代美術館はこの作品をあまり評価していなかったのか、それとも、こちらの方がおおいにありえるのだが、ジャコメッティのことなど何んの関心もなかったのか、わたしにはわからない。
 いずれにしろ、神奈川近代美術館のジャコメッティ展を見るよりも、ブリジストン美術館の「ディエゴの胸像」を見ることをすすめる。ジャコメッティの作品には完成ということがないのだが、この「ディエゴの胸像」はたしかに、ひとつの完成を示している。
 どんなことがあっても、十月にはブリジストン美術館にいって、ジャコメッティの彫塑を見ることをすすめる。それを見れば、ジャコメッティの謎がすべて解ける。
 
2006.06.28[Wed] Post 17:59  CO:0  TB:0  *ジャコメッティ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

ブリジストン美術館のジャコメッティ★★★★★ のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/48-2f9d605a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。