ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/476-9f63f20a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

「拉致はカネで」小沢一郎ネガティブ・キャンペーン

今日(3/2)の産経ニュースに【民主党解剖】第1部「政権のかたち」(1)「小沢首相」は大丈夫かのタイトルでシリーズ記事の第一回目が掲載されている。産経がやっとのことで小沢一郎のネガティブ・キャンペーンを始めたということだ。

記事は「拉致はカネで」の小見出しで始まっている。2月上旬に開かれた民主党支持者の会合での小沢発言ということだが、金をカネとカタカナで書いたところがみそである。これで読者は小沢の不動産スキャンダルをおもいだす仕掛けになっている。

「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」

早速2ちゃんは盛り上がっている。しかし、拉致事件を営利誘拐事件と捉えたのは小沢一郎が初めではない。みんな忘れているだろうが、わたしが『なぜ、サヨクは横田早紀江さんを憎むか』で書いたように、拉致を営利誘拐にしたのは安倍晋三だ。くわしくはカテゴリー「拉致」を読んでいただくとして、ひとことで言えば、金正日は「カネ」が欲しいから拉致を認めた。そのことで拉致は営利誘拐になり、賠償金は身代金になった。だから、小沢がカネで解決と言ったのは正しい。

しかし、誘拐犯との交渉の仕方は間違っている。まず、身代金の額は重要なカードだと言うことを忘れている。それと人質は全員一斉解放が原則だ。北朝鮮は核廃絶交渉でも、小出しにして、アメリカの譲歩を引き出しているではないか。

それから、営利誘拐で一番避けなければならないのは、カネで解決することが、さらなる誘拐事件を誘発することだ。しかし、ちかごろ誘拐保険があるので、誘拐犯との交渉の方法も変わってきているようだ。

さいごに、これは国家の主権名誉の問題だということを小沢氏は政治家として心にとめておかなければならない。もちろん武力による救出のオプションもあるということだ。この点に関して自覚がある幹部は民主党のなかに一人もいない。自民党も怪しいものだ。

反麻生がブレなら、反小沢はカネということか。たぶん産経の反小沢キャンペーンは、ほかのマスコミから無視されて、失敗するだろう。

麻生首相はオバマとの会談でも青いリボンを付けていた。

カテゴリー「拉致問題」へ 

2009.03.02[Mon] Post 12:41  CO:0  TB:0  拉致問題  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

「拉致はカネで」小沢一郎ネガティブ・キャンペーン のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/476-9f63f20a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。