ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/46-5fe6c106
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

松井冬子の声と知性

美人画家松井冬子は声がブスである。

 いっときテレビの温泉巡りの旅番組で、美人女将だといって、普通のおばさんがしきりに登場していたが、近頃ネットでは、美人画家がもてはやされている。美人画なら聞いたことがあるが、美人画家というジャンルがあるとは、うかつにも知らなかった。
*
 松井冬子は近頃ずいぶんと注目されているようで、雑誌やテレビ(筑紫の番組にも出ていたが、筑紫は例のゲイジュツが分かる文化人みたいに振る舞っていた)でずいぶん取り上げられている。この前も、静岡のローカルテレビが郷土出身の松井冬子の結構長い番組を流していた。松井の実家が静岡だと言うことで、お母さんが登場したまではいいのだが、なにしろ地方局のやること、レポーターしきりにお母さんも美人ですねーと言う。お母さんも困っていたが、見てるこっちも困ってしまう。
 そんなことより、新日曜美術館の甲斐庄楠音特集に松井冬子がゲストとして出たあとは、ブログはビジンビジンの大合唱だ。あんまりなので、Yahooで松井冬子をBlog検索にかけて、20位までのなかから松井美人の語句を書き出してみた。

 すんげえ美人、超絶美人(2)、天は2物を与える、やっぱり美人、超美人、とにかく美人、綺麗、相変わらず美しい・・・、狂気を感じる美貌、描く側というより、描かれる対象になる美しさ、この番組(新日曜美術館)は、松井冬子さんを出演させるために企画されたのではないか? 美人がTVでおがめる、美人なのに幽霊画描いちゃう、才色兼備、女優さんかな?と思った、あんまりもべっぴんなのでびびった、などなど、悪口は「化粧が濃い」という一つだけ、これを書いた人も、美人だとは認めている。
 ほんとうにそうだろうか、わたしは新日曜美術館を見てがっかりした。声が悪いのである。そのうえ、訛りを隠そうとしているのか、アクセントかイントネーションか、言葉のリズムが崩れることがあり、ひどく聞きづらい。話している内容も面白いとはいえない。おそらく、打ち合わせで、松井冬子は、実作者としての視点から発言するということになっていたのだろうが、内面性とか、線と平面とか、あるいは日本画の技法とかモナリザとか持ち出すのだが、どうも的確な表現ができない。
 まあ、美人だからにこにこしていれば、それで済んだのだろうが、あいにく隣におそろしく無愛想な松岡正剛が座っていて、松井が発言するあとから、それを訂正するような、補強するようなことを的確な言葉で表現するのだ。しかも、松井の声と違って、松岡の声がバリトンのいい声なのである。
 松岡がいなければ松井冬子も声が悪いぐらいですんだろうに、この男のせいで、いささか知性に欠けることが露見してしまったようである。
 松岡は、いったい松井冬子が美人だから意地悪をしたのだろうか。そんなつもりはなかったのだろうか。わたしはちょっと松井に同情した。
にほんブログ村 美術ブログへ
2006.06.27[Tue] Post 00:29  CO:0  TB:0  美術展評  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

松井冬子の声と知性 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/46-5fe6c106
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。