ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/459-5ba69d1e
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

「j-castニュース」を貶す

J-CASTニュースに「レセプトのオンライン請求義務化 厚労省方針に医師側から『待った』」の記事が出た。

褒めたとたんにすぐこれだ。面倒なので逐一書かない。ジャーナリストとして駄目な点を二つあげておく。

1.システムの導入に数百万かかるというのは嘘です。はじめからインターネットでオンライン化しておけば安くできたのです。それを業者にだまされて特注のシステムを入れたから高価になったのだ。いま、開業医はたいていはパソコンでカルテを書いているのだ。レントゲンだって血液検査の結果だってオンラインの時代だ。そんなこともできない開業医は閉院してください。はじめからウィンドウズのパソコンでやればよかったのだ。第一、いま新しい医療の情報をインターネットで使わないで、どうやって手に入れるのか。業界紙か学会誌か(w)
 インターネットを使わない医者にかかるのはこちらからごめんだ。こいうとき、必ず患者の個人情報が漏れるとかいうサヨクがいる。患者が情報漏れで受ける被害より、インターネットで受ける医療上の利益のほうがズーと大きい。臓器移植や感染症対策だけじゃないぞ。筑紫氏がテレビに出なくなって本当によかった。

2.二つ目はいわずとしれた不正請求の問題だ。レセプトの何割ぐらいが不正か、グレーゾーンを含めれば相当の割合だろう。我が家には飲まない薬が大量にある。祖母が受けていない往診料を請求されていたこともある。患者負担を無料にすると言われて、だまされていたのだ。

以上の二点はジャーナリストとしては調べておかなければならないことだ。というわけで、J-CASTの推薦はとりけします。週刊金曜日とJ-CASTは決して読んではいけません。(w)

PS:はやく、レセプトをオンライン請求にして、患者がレセプトをインターネットでチェックできるようにしてほしい。それより早く背番号をつけてくれー。

 

2009.02.12[Thu] Post 16:10  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

「j-castニュース」を貶す のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/459-5ba69d1e
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。