ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/450-25b3d25f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

電話NHK新聞をやめる(改訂)①

昨夜、眠たいままに書いたので、最後のところが意味不明になってしまったので、訂正します。古いのは削除しました。NHKのことは次回に。


口座引き落としにしていると、気づかないうちに無駄な出費が増えていく。それで通信費と新聞雑誌の購読を減らすことにした。

まず、東京の住まいの固定電話を解約した。これはすんなりいった。インターネットは光だし、電話は携帯しかつかわない。

静岡の新聞もやめた。販売店のひとは配達一時停止だと思っている。新聞はむかしは朝日をとっていた。長嶋が巨人の監督に復帰したときに読売にした。朝日に巨人の記事がほとんど載っていないからだ。長嶋が辞めたので、読売も止めた。

そのあと、株を始めたこともあって、日経にした。株が日経の見出しで上下することをしった。また、日経がそうとう怪しい記事を書いていることも知った。日経平均が1万8千円まであがったけれど、雑誌やネットでは中国とアメリカが危ないと書き始めていた。アメリカと上海とロンドンの住宅バルブの話が伝わってきた。日経はそんなことは書いてない。中国にかんしては悪い情報はなにもない。1万7千円あたりで、所有株を全部売った。中国株も売った。そしたら株がどんどん下がった。サブライムの問題も明らかになった。まだ、現金のままだ。

ここは山奥だから、新聞は一日一回朝だけの配達だ。それまで、日経の夕刊を翌日の朝刊といっしょにはいたつしてもらっていた。それをやめて、夕刊のない東京新聞にした。安いし、むかし「都新聞」と言っていたと、山本夏彦さんが推薦していたからだ。そしたら、取り始めてから数日めに、不可解な記事が『本音のコラム』にのっていた。面白いので切り抜いておいた。鎌田慧の『見たくないのココロ』である。誤解があるといけないので、全文引用する。

 ウソも百万遍いえば、ホントになるといわれている。九月二十九日の沖縄・宜野湾海浜公園でひらかれた、「教科書検定意見撤回を求める県民大会」の集会が、県内外から十一万人もあつめて、政府をあわてふためかせたが、早速、その人数にケチをつけ、検定を支持するひとたちがあらわれた。
 月刊の『WILL』は、右派ライターの屋内運動場のような雑誌だが、十二月号では、「集団自決」の特集を組んでいる。まず、渡部昇一さんが、型どおり「左翼メディアの巣窟」ときめつけたあと、「・・朝日新聞で『十一万人の大集会』と報じられましたが、実際にテイケイ(株)の会長がプロジェクトチームを作り、写真を拡大して一人一人、塗りつぶしながら数えるという膨大な作業の結果、二万人にも満たないということが判明しました」と書いている。
 単純な足し算もできないチームだったようだ。こんどは、藤岡信勝さんが、熊本大学生のグループの「マジックで潰して」の計算に依拠して、一万三千三十七人、と鬼の首をとったようにはしゃいでいる。後二人の筆者も、一万三千人、二万人と書いて臆面もない。
 各紙がヘリコプターから撮影した当日の写真を見ても、一万とか二万にしかみえない。見たくない人には、見えないのかもしれないが、物書きとしての責任があるでしょう。(ルポライター)


最初は、新聞はウソを報道するなという意味かと思ったが、どうもそではないらしい。それで、なんどか読み返したがやっぱりわからない。意味不明なのだ。わかることは足し算ができないのは、十一万人のほうではなく、一万人のほうだといっていること。それから、渡部昇一、藤岡信勝、『WILL』などの、右翼をしめす固有名詞をならべて、だから一万説は誤謬だと主張していることだ。

こんな文章が印刷されてしまうというのは、新聞社として崩壊寸前だということだ。すぐに東京新聞をやめて、夕刊のない産経にした。朝日読売毎日は読んだことがあるが、産経を購読するのは初めてだった。そんなに反中でもないし、ほかの新聞にはない韓国の記事はわたしには新鮮だった。

でも、そのうちニュースはGoogle Readerで読むようになった。それでも、あさベッドで新聞を読むのは習慣になっており、また、楽しみでもあった。止めるかどうか悩んだが、思いっきりやめた。やめてから四日たった。禁断症状はない。
2009.02.07[Sat] Post 11:58  CO:0  TB:0  NHK  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

電話NHK新聞をやめる(改訂)① のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/450-25b3d25f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。