ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/432-f593e218
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

松本零士と槇原敬之

歌手の槇原敬之が漫画家の松本零士を名誉毀損で訴えて勝訴した。槇原の歌詞が松本の「銀河鉄道999」の盗用だと非難され、名誉を傷つけられたというのだ。(asahi.comによる)

松本が槇原を非難しているのはテレビで見た。2ちゃんねるでは、松本こそ宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』の盗作ではないかと批判されていたが、そのときは、真似されたからといって何も損をしていないのに変なおじさんだなぁーとおもった。松本零士の作品は『男おいどん』を少年マガジンで読んだぐらいで、『銀河鉄道999』は連載を数回読んだけれどつまらないので読むのをやめた。

槇原の歌詞と松本の台詞を並べてみる。

「夢は時間を裏切らない/時間も夢を決して裏切らない」(槇原の歌詞)
「時間は夢を裏切らない/夢も時間を裏切ってはならない」(『銀河鉄道999』の台詞)

これで参照していないというのには無理がある。というのは、この文の意味が私にはわからないからだ。こんな意味がわからない文が偶然に似る可能性は相当に低いのではないか。たとえば、これが、「私はお前を裏切らない、お前も私を裏切ってはならない」とかいう台詞なら、偶然の可能性はおおいにあるだろう。「夢が時間を裏切る」なんてシュールな台詞はちょっと思いつかない。

だからといって、松本氏の主張が正しいわけではない。言葉は誰でも自由に組み合わせて使うことができる。ある組み合わせを自分が最初にやったからと言って、他人に使わせない権利はない。言葉は公共財だ。もし、損害をこうむったら訴えればいいのであって、松本零士のように損害もないのに、相手に特定の言葉の組み合わせを使わせないというのはおかしなことだ。

たぶん年をとって、芸術家になりたくなったのだろう。会田誠は『あぜ道』を盗用されても無視していたが、村上隆はDOBくんを盗用されて訴えていたことを思い出す。
 

2008.12.27[Sat] Post 10:37  CO:0  TB:0  美術評論  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

松本零士と槇原敬之 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/432-f593e218
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。