ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/431-04624476
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

田母神問題(改題)

『麻生首相vs朝日新聞』の記事を書いたあと政治のことを忘れていたわけではない。互角と思った両者の戦いもどうやらアサヒ優勢に展開しているようだ。

それにしても麻生首相はマスコミを気にして、言うことがすぐに変わるのはいかがなものか。「定額給付金」はもともとバラマキだろう。それならヘリコプターでばらまけばいいのに、庶民という貧乏人の嫉妬をあおり立てるマスコミの報道に右往左往している。中でもひどいのは税金で票を買っているという珍妙な批判だ。票を買うといえば、民主党の「戸別所得補償制度」とか自民党の道路建設などの公共投資のことだろう。景気刺激の効果があるかどうかは別として、バラマキは所得補償や公共投資にくらべずっと中立的な財政政策だ。

もっと悪いのは田母神問題だ。田母神論文がひどい作文で、航空幕僚長を解任されるのは仕方ないとして、国防や国家、歴史の問題をまったくのアサヒ史観の枠組みにとらえられてしまったのは麻生首相の失態である。テレビ朝日のニュース番組で、田母神氏が外国人記者クラブで「失笑」をかったと言っていたのを一瞬聞いたような気がするが、テレビを消す前のチャンネルサーフィンだったので、事の真偽は判らない。

地方分権改革推進委員会で事務局の役人たちが行程表を改竄して、サボタージュする様子がテレビに映し出されていた。三年後の消費税率アップの話も官僚が麻生首相に言わせたのだろう。マスコミに寄食する評論家たちが、政治家が財源に関して責任ある政策を約束するのは立派だと異な事をおっしゃるが、今このときに将来確実に増税するなんていう必要はないではないか。いったい三年後の増税の約束が消費者の行動にどう影響するか確実な予想なんてできないのだ。確実なことは、これは、官僚たちが天下り先の財源を確保するためだということだ。官僚たちはこれまでもそうしてきたし、今回もそうしているのだ。

麻生vs小沢の対決は外交国防国家の問題で、霞ヶ関解体はその後だと言ってきたが、どうやら官僚たちのやりたい放題がここまでくると、米中連合に滅ぼされるより前に、内側から国が腐敗していきそうだ。のんきなことは言っていられない。小沢を支持するわけにはいかないが、このまま麻生では、じきに日本は滅びそうだ。憂国の士はいないか。
2008.12.29[Mon] Post 18:15  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

田母神問題(改題) のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/431-04624476
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。