ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

宇宙

ビッグバン仮説は観測された赤方偏移から
もし宇宙が膨張しているならば
膨張速度は?
の理論ですね

ハッブルも膨張とは決めつけていなかったと思います
光が長い距離を進む間に赤方偏移するのか
他に量子減衰説の検証もまだできていません
※ただビッグバン信者達の捏造は目にあまります
ガモフが3Kを予測したとか
ハッブルが膨張を発見したとか
ごく最近では発見したとは言ってなく
ほぼ間違いないでノーベル賞のヒッグス粒子
また宇宙誕生の膨張による重力波を観測したとか
塵説による塵だったのですが
懲りずに今度はブラックホールの重力波を観測したとか
ブラックホールもビッグバン?も何一つ証拠がないのにです

インフレーションでは空間膨張と言ってますが
飛躍しすぎだと思います
また宇宙年齢138億年だと言ってますが
球状星団NGC4833は150億年と言われています

膨大な予算が必要なLHCの実験の継続の為に
ビッグバンは必要なのか?
と考えてしまいます

2016.03.17[Thu]  投稿者:星空  編集  Top▲

Re: 宇宙

ずいぶん古い記事にコメントありがとうございます。この記事は、楽しみながら書きました。ガリレオ、ニュートン、アインシュタインの物語は絶対なんでしょうね。
2016.04.03[Sun]  投稿者: 安積 桂  編集  Top▲

宇宙

空間は単なる器なのでしょうか?
とよく考えます
無限の空間に無限の今のような星々や銀河があり
無限の時間を遡った過去から星々や銀河はあった
と思うようになりました
もしそうでなければ?

総ては集合体だと思っています

私達の知る宇宙は何かの集合体の一部
本当の意味での宇宙はないのかもしれません

宇宙はカビのようなもの!

以前は興味がありませんでしたが
最近は妙に気になります
(^。^;)
2016.04.30[Sat]  投稿者:星空  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/427-0a831cf3
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『宇宙論入門』佐藤勝彦

膨張宇宙論は天動説に似ている。いろいろな不都合をごまかすために次々と新しい理屈を考えている。天動説は周転円を考え出した。膨張理論はビッグバン理論を考案した。

地動説にすれば、面倒な周転円など必要がなくなるように、膨張宇宙論をやめて定常宇宙論にすれば、ビッグバンはもちろん、ビッグバン説の欠陥を糊塗するために考え出した理論も必要なくなる。

間違いの始まりは赤方偏移をドップラー効果と考えたことだ。ところが、ホルトン・アープがクエーサーと合体する特異な銀河を観測し、おなじ距離にあるはずなのにクエーサーのほうが銀河より赤方偏移が大きいことを発見した。そして、赤方偏移はドップラー効果とは別の理由だと主張した。それが重力による赤方偏移である。


天文学会は、クエーサーと銀河がつながって見えるのは偶然だと批判し、アープを学会から追放し、望遠鏡を使えなくしてしまった。まるで宗教裁判である。ところが皮肉なことに、膨張宇宙論のハッブルの名前を冠した宇宙望遠鏡が、アープが観測したPeculiar Galaxiesが偶然重なって見えるのではなく、つながっていることをはっきりと捉えた。


赤方偏移が後退速度ではなく、重力の影響らしいということは、クエーサー以外の天体でも観測され始めている。ハッブルの法則が否定されるのはそう遠くない。佐藤勝彦氏は、定常宇宙論を主張したフレッド・ホイルに言及するのだが、それはビッグバンの名付親としてのホイルである。しかし、そんなことはどうでもいいのであって、科学者がドップラー効果による赤方偏移を否定する観測データを無視するのは奇妙といわざるを得ない。

ビッグバンを仮定しなくても、銀河の収縮や超新星の爆発もあるのだから、素粒子レベルの宇宙論が必要なのはかわりない。それなのに、なぜ宇宙物理学者たちは、これほど明白な反証があるにもかかわらず、ビッグバンに執着するのだろう。ビッグバンから予想されていた背景放射が発見されたというが、それがビッグバンの名残だという証拠はなにもない。物理学者にとって、赤方偏移が重力の影響だと考えた方が、おもしろいと思うのだが。

物理学者がみんなSF作家になったようだ。前回の『現代アートバルブ』もそうだったが、なぜこうもタイミングの悪い出版企画がされるのだろう。

 

 


2008.12.17[Wed] Post 16:03  CO:3  TB:0    Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

宇宙

ビッグバン仮説は観測された赤方偏移から
もし宇宙が膨張しているならば
膨張速度は?
の理論ですね

ハッブルも膨張とは決めつけていなかったと思います
光が長い距離を進む間に赤方偏移するのか
他に量子減衰説の検証もまだできていません
※ただビッグバン信者達の捏造は目にあまります
ガモフが3Kを予測したとか
ハッブルが膨張を発見したとか
ごく最近では発見したとは言ってなく
ほぼ間違いないでノーベル賞のヒッグス粒子
また宇宙誕生の膨張による重力波を観測したとか
塵説による塵だったのですが
懲りずに今度はブラックホールの重力波を観測したとか
ブラックホールもビッグバン?も何一つ証拠がないのにです

インフレーションでは空間膨張と言ってますが
飛躍しすぎだと思います
また宇宙年齢138億年だと言ってますが
球状星団NGC4833は150億年と言われています

膨大な予算が必要なLHCの実験の継続の為に
ビッグバンは必要なのか?
と考えてしまいます

2016.03.17[Thu]  投稿者:星空  編集  Top▲

Re: 宇宙

ずいぶん古い記事にコメントありがとうございます。この記事は、楽しみながら書きました。ガリレオ、ニュートン、アインシュタインの物語は絶対なんでしょうね。
2016.04.03[Sun]  投稿者: 安積 桂  編集  Top▲

宇宙

空間は単なる器なのでしょうか?
とよく考えます
無限の空間に無限の今のような星々や銀河があり
無限の時間を遡った過去から星々や銀河はあった
と思うようになりました
もしそうでなければ?

総ては集合体だと思っています

私達の知る宇宙は何かの集合体の一部
本当の意味での宇宙はないのかもしれません

宇宙はカビのようなもの!

以前は興味がありませんでしたが
最近は妙に気になります
(^。^;)
2016.04.30[Sat]  投稿者:星空  編集  Top▲

TRACKBACK

『宇宙論入門』佐藤勝彦 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/427-0a831cf3
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。