ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/420-ab8278bf
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

草間弥生

『Art of our time』世界文化大賞展(上野の森美術館)絵画部門(3) 

草間弥生は《ドット・ペインティング》と《ネット・ペインティング》が展示されてあった。両方とも布地か壁紙のデザインのような絵だ。《ネット》の方は絵具の質感や筆あとがあり、空間のイリュージョンもあるのだが、模様であることには違いない。草間の「カボチャ」が原美術館にあるが、ただの可愛い置物というほかない。

草間の現代アートへの貢献は、ソフト・スカルプチャーだろう。でも、ぬいぐるみのペニスはコンセプチャルなもので、堅くなければ役に立たない「ソフト・ペニス」を大量につくったのは、藤枝晃雄氏のいう面白主義といえる。

2008.12.04[Thu] Post 13:08  CO:0  TB:0  -草間弥生  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

草間弥生 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/420-ab8278bf
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。