ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

和田氏のトレース作品は、いわば「高等ぬりえ」。テクニークだけはめちゃすごいし、経歴もなかなかだからみなだまされました、ってこと。でも「ぬり絵」に国家的な賞を与えて日本の美術界って何なんだろう?安積さん、絹谷さんが大家になってしまう現状も含めて、その隠された堕落の構造をぜひ深く追求し、白日の下にさらしてください。
今後の展開を含め、楽しみにしています。
2006.06.09[Fri]  投稿者:ばかぼん  編集  Top▲

初めまして、ど素人の絵画ファンです。今後とも宜しく。
今回の件では皆様のお話を色々拝読し、大変勉強になりました。
美術館、評論家、その他諸々の取り巻き連中が値を吊り上げて儲けています。
素人なりに、少々コレクションしてきましたが、基本は「好きな画を買う。名前や値段にとらわれない」でした。

お時間が有れば、弊ブログへお立ち寄り下さい。
2006.06.09[Fri]  投稿者:ゴンノリン  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/35-a810b6ab
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

拝啓三重県立美術館長井上隆邦殿

   井上隆邦様

 今回の出来事でお忙しいこととおっさしいたします。わたくしのほうも、よけいなことに首を突っ込んだ報い多忙をきわめております。そこで、今回の「ドラマとポエジーの画家・和田義彦展」の措置に関する疑問点を箇条書きにして、質問させて頂きます。

1.展覧会開催にあたって行った事前調査の具体的内容は何か、会議録等の公開を求めます。

2.和田氏の面談を行ったとあるが、どんなことを質問したのか。問題を把握できなかったとのことですが、疑惑の噂について問いただしたけれど、疑惑はなかったと判断したのか。それとも、本当に噂をしらなかったので、疑惑に関する質問をしなかったのか。また、この面談の記録の公開を求めます。

3.企画運営にあたって外部の識者、あるいは画商など利害関係者が参画していたのか。参画していたならばその氏名及び謝礼の正確な金額の公表を求めます。

4.これまで購入した和田氏の作品及び価格、また、これから購入する予定だった和田氏の作品および価格。購入先の画商等のリスト。できれば、最近十年間の所蔵品購入の細目。および、本年度の購入費の予算請求書の公表。

5.最近5年間の図書購入費の細目および図書台帳の公開

6.最後になぜ毛利伊知郎氏の「ドラマとポエジーの世界」をHPページから削除したのかその理由を説明して頂ければ幸いです。これは、毛利氏が公務として書かれたものだと理解しています。もし、盗作疑惑で、事実と異なる点が生じたとすれば、「訂正して、お詫び」すれば良いことです。これは、今回の事件の貴重な資料なのです。ただちにアクセスできるよう再公開するようお願い致します。

以上、お忙しいこととは存じますが、かえすがえすお願い申し上げます。
                       安積 桂

2006.06.07[Wed] Post 22:07  CO:2  TB:0  和田盗作事件  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

和田氏のトレース作品は、いわば「高等ぬりえ」。テクニークだけはめちゃすごいし、経歴もなかなかだからみなだまされました、ってこと。でも「ぬり絵」に国家的な賞を与えて日本の美術界って何なんだろう?安積さん、絹谷さんが大家になってしまう現状も含めて、その隠された堕落の構造をぜひ深く追求し、白日の下にさらしてください。
今後の展開を含め、楽しみにしています。
2006.06.09[Fri]  投稿者:ばかぼん  編集  Top▲

初めまして、ど素人の絵画ファンです。今後とも宜しく。
今回の件では皆様のお話を色々拝読し、大変勉強になりました。
美術館、評論家、その他諸々の取り巻き連中が値を吊り上げて儲けています。
素人なりに、少々コレクションしてきましたが、基本は「好きな画を買う。名前や値段にとらわれない」でした。

お時間が有れば、弊ブログへお立ち寄り下さい。
2006.06.09[Fri]  投稿者:ゴンノリン  編集  Top▲

TRACKBACK

拝啓三重県立美術館長井上隆邦殿 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/35-a810b6ab
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。