ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/331-a8b82a8c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

上杉隆『ジャーナリズム崩壊』


図書館の新入荷のコーナーで上杉隆の『ジャーナリズム崩壊』を見つけたので、借りてきて、読んだ。どうも前回アップした私の記事を訂正しなければならないようだ。上杉氏が朝日新聞のコラボラトゥールのように見えると書いたのはまったく私の間違いでした。

上杉氏の論旨が不明確で、メディアによって微妙に態度を変えているように見えるのは、おそらく上杉氏がジャーナリストとしての分を守ろうとしているからだ。そして、NHKや朝日新聞を批判するときも、取材への対応や取材対象との癒着、あるいは記者の特権意識などを批判して、その報道内容には立ち入らない。ようするにジャーナリズムの形式的なモラルを問題にして、その思想信条を問題にしないのだ。

大連合を画策した読売新聞の渡邉 恒雄や安倍内閣のサポーターになりはてた産経新聞の阿比留瑠比記者を批判するが、中国のエージェントと化した朝日新聞をそのことで直接批判することはない。たとえば、NHK番組改変問題での朝日新聞の本田雅和記者の書いた記事を「誤報」だというのだが、これはどうみたって誤報ではなく、捏造された宣伝ビラの類だろう。

もちろん、そのあと上杉氏は、本田雅和の記事は単純な誤報ではないと、「過ちは過ちである。いくら特定の政治家が憎かろうと、虚偽の事実に拠って記事を書いてはいけない。それはもはやジャーナリストの仕事ではなく、政治活動の領域に入ってしまっている。」と付けくわえている。

しかし、よく考えてみるとこの文章はおかしくはないか。嘘を書くことがなぜ政治活動なのだろう。嘘をつくのは泥棒の始まりであって、政治活動ではない。嘘が政治活動になるのは、その嘘が政治目的のためにつかれた嘘の場合だろう。そうならばその政治目的を明らかにしなければ、この事件の意味を理解することはできないではないか。

さらに上杉は「つまり本田雅和記者も、政治目的のために『大連立』を模索した渡邉恒雄読売会長と逆の意味で、同じプレイヤーとなってしまったのだ。」(太字安積)というのだが、この「逆の意味」がわからない。いったいどこが逆なのだろう。これは逆と言うよりも、政治的目的を達成するための異なる手法というべきである。渡邉はジャーナリストではなく、政界フィクサーであり、ほらは吹くが嘘はつかない。しかし、本田は受験に役立つ朝日新聞の記者であり、真実を伝え公平で客観的な報道すると信じ込ませて、欺いたのだ。両者に逆なところは一つもない。

上杉はおそらくサヨクとウヨクの対立軸を逆の意味でといったのかもしれない。しかし、それは逆ではありません。サヨクのフィクサーもいるし、ウヨクの嘘つきもいるのだ。上杉氏がどうもうさんくさいのは真実ではなく、サヨクとウヨクの間でバランスをとろうとしているからではないか。

この本の最大の欠点はニューヨーク・タイムスを新聞の理想のように崇めているところだ。昔よくいたアメリカかぶれのようで、読んでいてつらいところがある。ジャーナリズム批判に関しては、新聞より週刊誌、週刊誌よりネットを好むわたしには特にあたらしいことはないけれど、しらずしらず上杉氏の取材したものを拝借した記事を読んでいたのかもしれない。しかし、彼が実際に経験したNHKや朝日新聞や記者クラブの話は、笑って済ませる問題ではないだろう。上杉氏が胡散臭く見えたのは、たぶん彼がまっとうなジャーナリストとして怒りを抑えているからだろう。
2008.10.17[Fri] Post 18:37  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

上杉隆『ジャーナリズム崩壊』 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/331-a8b82a8c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。