ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/330-8bc7f599
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

上杉隆「麻生官邸の崩壊」

週刊新潮の今週号に上杉隆の「秘書官の暴走『麻生官邸の崩壊』が始まった」の記事が掲載されている。安倍首相退陣で有名になった上杉隆の「官邸崩壊」シリーズだ。今度は麻生内閣官邸の崩壊を予想して二匹目のドジョウをねらっている。

しかし、この記事を読んでも言いたいことがよく分からない。昨日も国会で野党が『文藝春秋』麻生論文について執拗に質問していたけれど、冒頭解散を明言したという麻生論文は、じつは代筆した秘書官村松一郎の暴走だというのだ。しかし、解散時期に触れたことは麻生首相の自信過剰で、戦術としては問題があるが、暴走とまではいえないだろう。いわんや、村上が「十月二十六日総選挙」の誤報をした朝日新聞と通じているという永田町の噂に触れているのは情報操作としか思えない。

上杉氏はこれで麻生首相は「『解散権』は『使わない』のではなく『使えない』ことになってしまった。」と意味不明なことを言う。どうも上杉氏には胡散臭いところがあって、安倍内閣の『官邸崩壊』を書いたときも、マスコミにひっぱりだこだったが、メディアごとに微妙に言うことを変えて、結局何を言いたいのかわからないままだった。

安倍官邸が崩壊したのは、もちろん官邸が無能だったのだが、それは安倍首相が官僚とマスコミに挟撃されたからであり、それに秘書官たちが対処できなかったからだ。もちろん参議院で過半数をうしなったことや病気などもあったが、選挙で負けたのは明らかにマスコミの反安倍キャンペーンの結果だ。上杉の『官邸崩壊』は、安倍の『美しい国へ』の背後にあるイデオロギーの問題を秘書官たちの管理能力の問題にしてしまったのだ。このときほど官僚とマスコミの癒着があからさまになったことはない。

 そもそも冒頭解散は自民党総裁選のときから選択肢のひとつだったではないか。麻生が総裁選で勝ったのはなにも政策論争のせいではなく、麻生ならご祝儀相場で支持率が上がる、そこで解散すれば勝てるかもしれないと思われたからだ。だから、麻生は、「文藝春秋」の論文で冒頭解散を明言したのだ。麻生氏は自分の役割を理解していた。ところが、世論調査があまり芳しくなかった。だから解散時期を先延ばしにした。わざわざ再議決のできる三分の二の議席を放棄することはない。そんなことは権力闘争の常識ではないか。

朝日新聞だって同じことだ。いま、民主党は勢いがある。さいわい世論調査は民主党有利である。二人の首相が政権を投げ出している。これをネタにネガティブ・キャンペーンを張れば麻生なんて簡単につぶせるとぐらいにおもっていたのだ。どっちもどっちだ。

しかし、朝日新聞はなぜそんなにコトをせいたのだろう。ご祝儀相場がすぎれば、内閣支持率は例外なく下降する。それまで待てばいいではないか。急ぐ理由はただ一つ。それは麻生が中国に頭を下げないからだ。朝貢外交をしないからだ。たぶん中共からの指令が朝日の中枢に届いているにちがいない。もちろんいわれなくたって、朝日はあうんの呼吸でがってんしょうちのすけだろう。

上杉氏の言うことや書いていることが明晰ではなくどこか怪しいのは、朝日や記者クラブを批判しながら、じつは朝日新聞のコラボではないかと邪推したくなるところがあるからだ。麻生は、論文に書いたとおり、所信表明で逆質問をして、小沢と麻生のどちらを選ぶかと国民に問いかけたのだ。麻生が冒頭解散を明言したことは、軽率ではあったが、やましいところは一つもない。上杉氏は独自の取材や永田町の噂をもとに新潮の記事を書いたらしいが、安倍内閣の『官邸崩壊』と同じように朝日のネガティブ・キャンペーンに協力しているようになっているのは、かれのジャーナリストとしてのモラルが問われるのではないか。

テレビで国会論議をたまに覗くが、麻生首相は、安倍氏とちがって、明らかに朝日新聞を意識して答弁している。麻生内閣は反朝日内閣なのだ。くれぐれも注意してください。敵には一億の愚民どもがついています。

というわけで、「麻生>>>小沢」です。





2008.10.16[Thu] Post 02:18  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

上杉隆「麻生官邸の崩壊」 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/330-8bc7f599
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。