ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/323-97582d53
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

村山談話の継承と家族会との面会:麻生(55%)vs小沢(45%)

村山談話とその後の謝罪外交には疑問もあるが、麻生が朝日新聞の姉妹紙であるNYTimesに極右と言われているなかで、村上談話を継承するという発言は仕方ないことだろう。しかし他方では、国連演説で北朝鮮の拉致問題に触れ、拉致被害者の家族会と面会したことは、なかなかのバランス感覚といえる。

しかし、サヨクは家族会を憎悪している。拉致被害者の救出よりも、北朝鮮で飢えている人を救えといっている。仕舞いに、「戦前の植民地支配」を謝罪しないから拉致したんだと、ポストモダン風な屁理屈をいう。でもこれは身代金目当ての営利誘拐ゲームであり、プレーヤはそれぞれの国を代表する金正日と麻生首相だということを忘れてはいけない。

といういうわけで、人質ゲームのプレーヤーとして小沢より麻生のほうがマシだということで、麻生にプラス5ポイント。人質ゲームとしての拉致問題については私の記事『なぜ、サヨクは横田早紀江を憎むのか』参照

2008.10.03[Fri] Post 15:17  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

村山談話の継承と家族会との面会:麻生(55%)vs小沢(45%) のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/323-97582d53
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。