ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/317-630baaa7
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

麻生内閣発足

内閣の顔ぶれについてとやかく言うほど政治のことはしらない。麻生総理大臣が自ら閣僚名簿を発表した。それぞれの大臣に期待することを述べたあと、省益より国益のために働いて欲しいといった。これまでは新大臣は役人のレクチャーを受けてから記者会見の臨み、抱負を述べた。もちろん省益に反することは言わせなかった。それを今回は麻生が役人の先回りして言ったということだ。

これはただそうであって欲しいということで、新大臣の記者会見では元の木阿弥ということになるのかもしれない。そうなったら麻生はどうするのか。ちゃんと大臣に指示することができるのか。国益より省益を優先した大臣の首を切れるのか。

再任された桝添厚生大臣は、なんども前言をひるがえして、国益より省益を守った。長妻民主党議員もおなじだ。年金問題では労組から不正に得た情報で政府官僚を攻撃しながら、改革となると突然寝返って労組(木っ端役人)の利権保護にくみした、桝添以上の卑劣漢である。「長妻VS桝添」は「小沢VS麻生」よりおもしろい。政治家はどこまで腐敗するのか見物である。

さて、小沢民主党に入れるべきか麻生自民党に入れるべきか。いまのところ麻生50%小沢50%でスタートラインについたところだ。





2008.09.25[Thu] Post 15:27  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

麻生内閣発足 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/317-630baaa7
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。