ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/315-e02e6587
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『ウィキペディア革命』

おもしろくない本だ。ほとんどトンデモ本である。出版社がどこか見たら岩波書店だったので、なっとくした。

従来の知の制度によってウィキペディアを批判している。ウィキペディアには欠点があるからきちっと管理しろと言う。結局は、従来の知の権威や公正な編集権を復活させろと言う主張になる。そんなことをしたら、ごくふつうの百科事典をネット上無料公開したのとかわりなくなる。

『ウィキペディアで何が起こっているか』の書評で書いたように、ウィキペディアが駄目なのは、掲示板とちがって公正さをめざそうという編集権があるからだ。だからその欠点は、この本を含めた、従来の書籍出版物にこそ当てはまることだ。

雑誌ネイチャーが自然科学的な項目について、ウィキペディアとブリタニカの信頼度を比較した。さしたる差はなかったという報告に著者は難癖をつけているが、そもそもインターネットでも印刷物でもイデオロギーに満ちているのは人文科学社会科学の分野だろう。権威のある印刷物は、自分のイデオロギーを隠しながら系統的に巧みなレトリックで繰り返し詳細に書かれている。それに比べ、インターネットの情報は、もちろん古い知的衣裳を纏った論文もあるけれど、たいていは断片的で表層的でイデオロギーをむき出しに書かれているものが多い。しかし、ネットで大切なことは、異なった意見偏見が隣り合わせに並んでることだ。

著者はウィキペディアを古い百科事典の理念に近づけたいようだが、それがウィキペディアの欠点になっている。公正であろうとすれば、必ず不公正になるのだ。識者が書いている新聞の書評欄はつまらない偏見にみちたものになっているが、アマゾンのブック・レヴューはいろいろな意見が書かれているから、そこから公正らしき書評を選ぶことは容易にできる。削除の規則はあるけれど、基本的に書き込まれた書評はそのまま載せて編集しないからだ。

もし読むなら、『ウィキペディアで何が起こっているか』のほうが、著作権や名誉毀損に触れているぶんましだろう。岩波書店インターネットに関するフランス語からの翻訳本なんて四重に読むきにならない(でしょう)。

 

 

2008.09.20[Sat] Post 13:52  CO:0  TB:0    Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

『ウィキペディア革命』 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/315-e02e6587
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。