ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/300-44a543fb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

北京五輪の開会式にだまされた

北京五輪の開会式がやらせだらけだという。少女がクチパクだったとか、巨人の足跡の花火がCGだったと非難されている。

あら探しをしようと開会式はテレビで見た。あれだけのざわめきの中、ワイヤレスマイクなしに歌えるはずがない。少女の歌はクチパクだとは推測できたが、他の少女の声だったとはきがつかなかった。足跡の花火も一つ一つ打ち上げて、高さや間隔をコントロールするのは難しいし、なにより花火が風になびかないのはおかしいと思ったけれど、中国は衛星を打ち落とすぐらいだから、花火をコントロールするぐらいはわけないのだろう、当日の天候のこともあるから、ビデオを編集するぐらいはするかもしれないが、まさかCGとは思わなかった。

それよりも、気がついたことが二つある。ひとつは、マスゲームに太鼓の撥など不揃いな動きを入れて、北朝鮮風にならないように演出していたのは、なかなか中国もやるじゃないかと感心した。ところが、国旗掲揚ではナチみたいに足をあげて行進していたのにはぎょっとした。おさとがしれます。

それからもうひとつは、中国選手入場のとき、バラバラに行進するのは、近頃のはやりで、どこの国もばらばらだからいいとして、ひとりの選手が携帯をかざして写真を撮っているのをテレビカメラがズームアップしていた。これはやらせだろう。 携帯で写真を撮っていた選手は他の国にもいたけれど、中国選手がどこかわざとらしいと感じたのは私だけか。

ショーの中味は、たぶん朝日新聞などは絶賛していたのだろうが、自分たちが破壊した中国の伝統をいまさら執拗に見せられても、退屈なだけだ。どうしたって文化大革命のほうがショーとしては見応えがあったと言わざるをえない。

それから、ついでに告白しておくとシンクロナイズドスイミングではついつい 井村さんが指導している中国を応援してしまった。こういうところが日本人の駄目なところかもしれない。ところで、女子柔道の78㎏超級決勝で帯を何度も何度も執拗に結び直していた塚田真希の対戦相手は卑怯な奴だったなぁ。

2008.08.21[Thu] Post 16:48  CO:0  TB:0  オリンピック  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

北京五輪の開会式にだまされた のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/300-44a543fb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。