ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/291-ae1a0d97
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

橋下知事の文化行政

 朝日新聞に以下の記事が載った。

「橋下文化行政に物申す」――。大阪府の橋下徹知事と芸術を学ぶ学生20人が文化行政をめぐって語り合う会が26日、大阪市中央区の府公館であった。補助金削減で存続の危機にあるオーケストラや文化と行政の関係などについて、橋下知事が次々に質問を投げかけ、学生たちの意見に耳を傾けた。

集まったのは、公募で選ばれた18~32歳の芸術系の大学生ら。補助金が削減される大阪センチュリー交響楽団については、「子どもの育成に力を入れているのだから必要」という声の一方、「根づいていない」と厳しい意見も。

橋下知事が「僕は学者や有識者に、需要がなくても守るべきものを守れと批判されているが、需要があろうがなかろうがお金をつぎ込むべきか」と問いかけると、「文化を費用対効果で考えるべきではない」との意見が出た。ただ、「需要がなければ消えるのが当然。弱肉強食だと思う」という声もあった。

最後は「残る文化と残らない文化の違いは、やっている人の必死さ。消えそうだからといって、行政が特定の何かに金をぶち込むべきじゃない。やっている人間がまず努力すべきだ」との持論を展開した橋下知事。「文化人と言われる人たちのしょうもない意見より、みなさんの意見は心に響く意見ばかりでありがたい」と語った。

橋下知事は会の後、報道陣に「すばらしい時間を共有できた。自分の文化行政論に確信を持った」と語った。                            (2008年7月26日asahi.com)

橋下知事は先に ゙「上方演芸資料館」(ワッハ上方)の移転一部廃止を決めたが、引き続き芸術への補助金削減をするらしい。ワッハ上方は 横山ノックが知事のときに作られたのだが、吉本興業のビルに高い家賃を払い、仲間うちで理事のポストを分け合うなど、税金を食い物にしていたのだから、これを廃止するのは誰でも思いつくだろう。しかし、高級な芸術の助成を削るというのは、橋下知事の改革もけっこう本物かもしれない。ワッハ上方のときは、既得権益を守ろうとする文化人が改革の邪魔をしたが、今回は文化人の意見を無視するというのもなかなかの戦法だ。それに芸術への補助金を削るのは経済学の原則にあっているのだ。


寄付や助成金がいかに芸術をゆがめているかは左の『金と芸術』にくわしく書かれている。著者は経済学者兼美術家だからこそ書けた本だろう。なぜ、芸術家が貧乏なのか知りたい人、とくにこれから芸術家になろうとする若い人は、この『金と芸術』を読むことをすすめる。

なお、朝日新聞が補助金削減反対の一方的な記事ではなく、橋下知事の考えも伝えているのはどうしたわけだろう。まさか公正な報道に目覚めたわけではないだろう。それとも、朝日の読者にはこれで「文化を弾圧する橋下知事」というメッセージが十分に伝わるのだろうか。
2008.07.28[Mon] Post 00:40  CO:0  TB:0  美術評論  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

橋下知事の文化行政 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/291-ae1a0d97
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。