ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/273-8d7f6de6
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

篤姫・横田早紀江・小和田雅子

『篤姫』を約束通りみた。なんだか雲行きがあやしくなってきた。大奥は嫁と姑との争いになって、家定は冬彦さん状態だ。それはお約束だからいいとして、困ったのは、篤姫である。姑に家定のお渡りが邪魔されたといって、目に涙を浮かべ、妻としてだけではなく、女として会いたいなんてくちばしる。少女漫画みたいに目に星が光っていた。

まぁ、それは、しょうがない。でも、篤姫が弱くなってはおもしろくない。島津家か徳川家かなんてことではなく、この日本という国の将来のことを考えてほしい。夫の手が自分に触れたからといって喜んでいてどうする。

篤姫とちがって、横田早紀江さんは強い。当時拉致家族の会の会長だった夫の滋さんが、めぐみさんが死亡したと伝えられたあとの記者会見で、悲しみのあまり嗚咽してしゃべれなくなった。そのとき後ろに立っていた早紀江さんが、滋さんの方に手をのばした。わたしは一瞬、早紀江さんが滋さんをひっぱたくのではないかと思った。いや、ひっぱたいて欲しかった。ところが早紀江さんは、滋さんの背中をさすった。

それでも嗚咽が止まらない滋さんからマイクを奪って、早紀江さんは、「めぐみは必ず生きています。国の仕事をしているひとは返せないということだと思います。めぐみはいつか必ず帰ってくると信じて待ちます」と言った。娘の死を認めるようなことを口走ったふがいない夫を叱りつけるような毅然とした態度だった。

早紀江さんの強さは母の強さだろうか。そうではない。早紀江さんは娘の命が余計に危険にさらされるかもしれないとおもいながら、経済制裁の継続を望んでいるのだ。それは、娘を取り返すには、対話と圧力をどう組み合わせたら有効かという卑小な戦術の問題ではない。そうではなく、北朝鮮という国家に対して、日本も一つの国家として毅然と対応しなければならないということなのだ。彼女はこの30年間、金正日と人質ゲームを何度も繰り返してきた。そして、金正日相手の最良の手は強硬策だと確信したのだ。このゲームの賭金は自分の娘なんていう個人的なものではない、国の名誉国家そのものがかかっていると覚悟したのだ。

さて、最後の雅子さんである。皇太子については映画『クイーン』の記事で書いた。雅子さんに関しては次第に事実が明らかになってきた。依然として皇太子を廃太子し、秋篠宮を立太子するのが 良いと思うが、これは女系天皇に反対ということではなく、ただ、皇太子および皇太子妃が次の天皇皇后にふさわしいと思えないからだ。

それじゃ、あんまりだというなら、小谷野敦氏が『俺も女を泣かせてみたい』のなかの『天皇家は一夫多妻制を復活せよ』で提案している側室制度復活を皇太子夫妻が受け入れるなら、廃嫡しないという妥協案はどうだろう。小谷野氏のエッセイの最後のところを引用する。

「女子が皇位継承できるようにするには皇室典範の改正が必要だが、どうせ改正するなら、この天皇家一夫一妻制を改めればいいのである。これこそ『伝統』に叶うことではないか。皇族には『人権』などというものはない。そんなところへ『男女平等』を持ち込むのが、どだいおかしいのである。」

すばらしい。大賛成だ。できれば、雅子さんが皇太子に直言してほしい。毅然と。でも、皇太子は「雅子や私の人格を否定するものだ」とかいうだろうな。そうなれば廃太子にすればいい。

(一言断っておくが、小谷野敦氏は天皇制反対であり、わたしは今のところ天皇制はあってもいいと思っている。ただ、目下の皇太子夫妻の問題などをかんがえると、共和制も一つの選択肢かなとも思う。)

2008.06.24[Tue] Post 23:20  CO:0  TB:0  拉致問題  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

篤姫・横田早紀江・小和田雅子 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/273-8d7f6de6
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。