ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

面白かったです

こんにちは。
何気に「和田義彦」で検索していてこちらに辿り付きました。
「盗作疑惑」にこんな背景があったなんて、ほんと小説みたいですね。
面白く拝見させていただきました。
なんか久しぶりに、美術館にいってみたくなりました。何がキッカケになるかわかりませんね^^;
2006.06.04[Sun]  投稿者:ぽぽみっちゃん  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/26-4007d17c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

和田義彦を弁護する その①

和田義彦の盗作事件を知ったとき、まず、思い浮かべたのは絹谷幸二のことである。絹谷は目出度く大家になり、和田は大家になるのに失敗したのだ。 http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/blog-entry-7.html  美術展評をするのに、大家度(恍惚度)という評価項目が必要だと思ったのは、絹谷幸二展のおかげだ。 http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/blog-entry-19.html#more*
このニュースを聞いて、誰もが思ったことは、なんでそんなすぐばれるようなことをしたのか、という疑問だろう。  もちろん、それは「魔が差し」たということなのだが、魔は何度でも差すのだ。手鏡で覗いた経済学者にも何度も差したものだ。 魔が差したのは、和田の絹谷に対するライバル意識である。いや、むしろそれは、憎悪に近い感情だったのだ。  投書したのは、もちろん和田が失脚することで得をする人間である。そうだとするなら、学士院の会員選挙がらみだろうと、ネットで名簿を調べると、なんと2001年に絹谷幸二がすでに会員になっているのだ。  絹谷は芸大で和田の3年後輩にあたるのだが、絹谷は早くからデビューをはたし、その後も最年少という但し書きで安井賞や日本芸術大賞を受賞していく。    経歴の中でおそらく、和田の絹谷に対するライバル意識、あるいは憎悪が決定的になったのは、イタリア留学時代のことだろう。  二人は同じ1971年にイタリアに留学する。和田はローマ美術学校に入学するもあまり成果がなかったのだろう、1年後に国立中央修復学校に転校している。  それにたいして絹谷はヴェネツィア・アカデミアでアフレスコ画の第一人者であるブルーノ・サエッティのもとで、アフレスコの研究をし、もちろんサエッティの推薦があったのだろう、新鋭選抜展優秀賞とマーサ賞を受賞し、作品はヴェネツィア市立美術館が買い上げている。  この華々しい絹谷の活躍を、ローマにいる和田が知っていたかどうかはわからないが、同窓の日本人の活躍の噂ぐらいは聞いていただろう。  ところが、何と言うことか、その絹谷が1973年に文化庁から派遣されて、和田の学ぶローマの中央修復研究所にやってくるのだ。研究所と学校の組織は分からないが、おそらく学校が研究所の付属になっており、和田は学生、絹谷は研究員ということになったのだ。  和田は5年半ほどローマに滞在したというのだから、おそらく二人は顔を合わせていたはずだし、もし、そうでないとしたら、和田が絹谷を避けていたにちがいない。  絹谷はその一年の滞在中に、ヴェネツィア市立美術館で個展までしているのだから、和田が絹谷の活躍を知らなかったとは考えにくい。  和田は滞欧中は自分の絵をあまり描かなかったというが、実際は描けなかったのだろう。  ローマでは素描をよく描いたというのだが、素描がうまくなったからといって、絵が描けるわけではない。和田は現役で芸大に合格し大学院で学んだぐらいだから、デッサンは上手だったのだろう。ところが絵が描けなかったのだ。絵が描けない画家ほどデッサンをうるさくいうものだ。すべての基礎はデッサンだと。  絹谷は絵が描けるのだ。だからデッサンなんか無視して、自由自在にフレスコ画をかくのだ。おそらく和田は絹谷の絵を見て、デッサンが出来ていないと、暗いローマの下宿で何度もつぶやいたことだろう。 続く  これは毛利伊知郎が「和田義彦展図録」のために書いたエッセイ「ドラマとポエジーの世界」を参考に書いています。このエッセイは、学芸員にありがちなはったりがなく、見事なエッセイだと思います。  http://www.pref.mie.jp/BIJUTSU/HP/event/catalogue/wada.htm にほんブログ村 美術ブログへ
2006.05.30[Tue] Post 16:32  CO:1  TB:0  和田盗作事件  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

面白かったです

こんにちは。
何気に「和田義彦」で検索していてこちらに辿り付きました。
「盗作疑惑」にこんな背景があったなんて、ほんと小説みたいですね。
面白く拝見させていただきました。
なんか久しぶりに、美術館にいってみたくなりました。何がキッカケになるかわかりませんね^^;
2006.06.04[Sun]  投稿者:ぽぽみっちゃん  編集  Top▲

TRACKBACK

和田義彦を弁護する その① のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/26-4007d17c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。