ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/253-a5675acd
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

グリンピースが窃盗

「日本が南極海で行っている調査捕鯨で捕られた鯨肉の一部を乗組員が大量に持ち出している疑いがあることが明らかになった。環境NGO「グリーンピース(GP)・ジャパン」が、乗組員の自宅に発送された段ボール箱に鯨肉が入っていたことが確認できたとして、15日、乗組員らを業務上横領の疑いで東京地検に告発する。」(asahi.com5/15)

なんでも、グリーンピースが証拠品だといっているのは、西濃運輸青森支店から盗んだものらしい。しかも、その盗品を証拠品として検察庁に運び込んだというのだ。不正に入手したものは証拠にならないということはともかくとして、船員が自宅に鯨肉を送ったということだけでなぜ横領になるのかわからない。

窃盗行為も「横領を告発するための行為で違法性はない」とグリーンピースの弁護士は言っているらしいが、まさかそんなことを本当に信じているわけではないだろう。そうではなくて、これはシー・シェパードのテロ行為の場合と同じように、欧米の世論が味方してくれるから、自分たちを逮捕できないだろうとたかをくくっているのだ。

それより気になったことがある。グリーンピースが記者会見したあと、すぐに、水産庁遠洋課の高屋繁樹課長補佐が『大量に持ち帰ったとすれば商売と疑われても仕方がない。土産も無料でということはあり得ない」(太字安積asahi.com)と話していることだ。

なぜ、いつものように官僚的に答弁しなかったのか。水産庁は調査捕鯨が商業捕鯨だと思われることを何よりもおそれているから、こんなことを反射的に言ってしまったのだ。そもそも商業捕鯨なのに調査捕鯨というからおかしなことになるのだ。商業捕鯨なら、漁船員が有料あるいは賃金の一部として鯨肉を分けて貰うのに何の不都合もない。捕鯨の船員が土産として鯨肉をもらうのは昔からの慣習であり、それ自体は問題ではない。それを売って金儲けをすることにも問題はない。

ところが調査捕鯨は天下り利権であって税金が投入されているのだ。鯨類研究所が捕鯨会社に発注しているのだから、たぶん捕獲した鯨肉の管理もずさんなものになるおそれは十分にある。そして、従業員が会社に黙って商品を持ち出したとするなら、それはグリーンピースのいうように横領になる。もちろんこれは反捕鯨とは何の関係もないし、グリーンピースが窃盗犯であることに変わりはないが。

もう一つは荷物を盗まれた西濃運輸の責任である。以前から配送会社の荷物の管理が杜撰なのが気になってた。配送車の扉を開けたまま運転手は車を離れるし、配送所に行くと、荷物がそこら中に置きっぱなしになっている。これでは盗もうと思えばいつでも盗める。西濃はグリーンピースを告訴したというが、そんなひとのせいにすることではすまないだろう。

ネットの情報流出が話題になるが、物流とネットは別々に考えることはできない。今回の事件も一種の情報流出であり、その象徴的意味はいがいと大きいのではないか。

西濃にはいちどひどい目にあっているので、通信販売で注文するときは配送会社をできる限りチェックしている。










2008.05.17[Sat] Post 15:45  CO:0  TB:0  反捕鯨  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

グリンピースが窃盗 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/253-a5675acd
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。